Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信

全然知らなかったんだけど、Amazonビデオって、個人で制作した動画コンテンツを販売する仕組みもあるのね。その名も「Amazonビデオ ダイレクト」。

Amazon Video Direct

Amazon Video Direct

Amazonビデオ ダイレクトの特徴

多様な収益化

プライム会員のストリーム時間、レンタル・購入・会員制サービスの月会費・アドインプレッションからのレベニューシェア、またはこれらオプションの組み合わせより、タイトルごとにロイヤリティの稼ぎ方を決められます。

世界へ配信

米国や他の国のAmazonビデオのすべての対応デバイス(Fire TV、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、スマートTV、ウェブ)で、タイトルを配信できます。

データから販売方法最適化

ストリーム時間、会員制サービスの会員人数、見込み収益、支払い履歴といったストリーミングデータ一覧を使って、タイトルの販売促進方法を最適化することができます。


スポンサーリンク

Amazonビデオ ダイレクトのスターになろう

Amazonビデオ ダイレクトのプライム会員特典タイトルのうち上位100タイトルに、Amazonよりひと月$1,000,000が分け与えられます。このグローバルな視聴者からの人気度に基づくボーナスは、ストリーム時間・レンタル・購入・会員制サービスの月会費・アドインプレッションからの収益とは別に追加で支払われます。プライム会員特典タイトルのすべてが自動的に審査対象となります。


スポンサーリンク


個人が制作した動画のマネタイズ方法だとYouTubeの”YouTuber”が有名ですが、このAmazon Video DirectはYouTuberのようなライト層ではなく、どちらかというと映像クリエイターをターゲットとしているようです。ホームビデオ的な動画というよりは、「映像作品」として仕上がったコンテンツを求めている様子。

この辺はPV数で広告収入が決まるYouTubeと違う所で、Amazonビデオが課金ベースのサービスだからかも。一発芸的な動画よりも継続・リピート視聴が見込める「作品」のようなコンテンツの方が購入率は高いだろうからね。その分二次創作というか、パクリには厳しいだろうけど、広告収入以外で動画のマネタイズができるのはYouTubeに無いアドバンテージとも言えるのかな?

すでに個人制作とは知らずにAmazonプライム・ビデオでそういう動画を視聴している可能性もあるな。

ただ、アカウント登録はちょっと面倒そうです↓
http://www.kagua.biz/seisaku/movie/avd-touroku.html

個人で映像制作するなら、こういうのを目標にしてみても面白いかも。


スポンサーリンク

関連記事

ガメラ生誕50周年
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Mr.ビーン
ほっこり日常まんが
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
2019年10月 行動振り返り
2017年の振り返り
自分の性質
過程を晒す
成果を待てない長学歴化の時代
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
透明標本
映像ビジネスの未来
手軽な娯楽
6月の振り返り
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
職場におけるセルフブランディング
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
そのアプローチは帰納的か演繹的か
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
もちもち泡のネコ
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
マイケル・ベイの動画の感覚
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
東京オリンピックと案内表示
iPhoneをエレキギターのアンプにする
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
7月の振り返り
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
プログラマブルなドローン『Phenox』
調べものは得意なのかもしれない
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
書籍『コンテンツの秘密』読了
新年の衝動買い
2020年6月 振り返り

コメント