Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信

全然知らなかったんだけど、Amazonビデオって、個人で制作した動画コンテンツを販売する仕組みもあるのね。その名も「Amazonビデオ ダイレクト」。

Amazon Video Direct

Amazon Video Direct

Amazonビデオ ダイレクトの特徴

多様な収益化

プライム会員のストリーム時間、レンタル・購入・会員制サービスの月会費・アドインプレッションからのレベニューシェア、またはこれらオプションの組み合わせより、タイトルごとにロイヤリティの稼ぎ方を決められます。

世界へ配信

米国や他の国のAmazonビデオのすべての対応デバイス(Fire TV、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、スマートTV、ウェブ)で、タイトルを配信できます。

データから販売方法最適化

ストリーム時間、会員制サービスの会員人数、見込み収益、支払い履歴といったストリーミングデータ一覧を使って、タイトルの販売促進方法を最適化することができます。


スポンサーリンク

Amazonビデオ ダイレクトのスターになろう

Amazonビデオ ダイレクトのプライム会員特典タイトルのうち上位100タイトルに、Amazonよりひと月$1,000,000が分け与えられます。このグローバルな視聴者からの人気度に基づくボーナスは、ストリーム時間・レンタル・購入・会員制サービスの月会費・アドインプレッションからの収益とは別に追加で支払われます。プライム会員特典タイトルのすべてが自動的に審査対象となります。


スポンサーリンク


個人が制作した動画のマネタイズ方法だとYouTubeの”YouTuber”が有名ですが、このAmazon Video DirectはYouTuberのようなライト層ではなく、どちらかというと映像クリエイターをターゲットとしているようです。ホームビデオ的な動画というよりは、「映像作品」として仕上がったコンテンツを求めている様子。

この辺はPV数で広告収入が決まるYouTubeと違う所で、Amazonビデオが課金ベースのサービスだからかも。一発芸的な動画よりも継続・リピート視聴が見込める「作品」のようなコンテンツの方が購入率は高いだろうからね。その分二次創作というか、パクリには厳しいだろうけど、広告収入以外で動画のマネタイズができるのはYouTubeに無いアドバンテージとも言えるのかな?

すでに個人制作とは知らずにAmazonプライム・ビデオでそういう動画を視聴している可能性もあるな。

ただ、アカウント登録はちょっと面倒そうです↓
http://www.kagua.biz/seisaku/movie/avd-touroku.html

個人で映像制作するなら、こういうのを目標にしてみても面白いかも。


スポンサーリンク

関連記事

なりきり玩具と未来のガジェット
仮面ライダーバトライド・ウォー
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
書籍『転職の思考法』読了
自分を育てる技術
2018年10月~11月 振り返り
シフトカーの改造
2019年5月 行動振り返り
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Mr.ビーン
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
すてる英語学習本『ずるいえいご』
情報の編集
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
タマムシ
2019年6月 行動振り返り
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
2019年3月~4月 行動の振り返り
ubuntuでサーバー作るよ
2018年8月~9月 振り返り
2020年4月 振り返り
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
読書は趣味か?
オープンソースの取引プラットフォーム
「うぶんちゅ!」
服飾デザインツール『CLO』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
IBM Watsonで性格診断
シフトカーを改造する人達
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
豆腐みたいな付箋
Web配信時代のコンテンツ構成

コメント