あの頃で止まった時間

とっくに成人してしまって、世間的には社会人にカテゴライズされるオイラだけど、中学生ぐらいで時間が止まったような生き方をしている。つい先日も中学生の頃に憧れていたフィギュアを15年の歳月を経て入手するなど。。。

周りは着実に前へ進んでいるのに、自分だけ、静止した時の中で生きているような感覚で、次のステージへ進めない。最近さすがにちょっと自分の停滞っぷりを痛感しているところ。
そんな時にこのまとめに遭遇してしまった。↓

『日本の大人の男には、「金を持ったにすぎない子供」の男が多過ぎる。』



思考と言うか、趣味趣向の感覚が「大人の男」へアップデートされずに生きてきてしまった。


スポンサーリンク


「金を持ったにすぎない子供」と言っても、持ってるお金は「多めのおこずかいにすぎない」といった感覚なんだよ。生活レベルが少年時代から大きくアップデートできない。家や車を買うには全然足りないけど、おもちゃを買うなら少しリッチな感じ。

それに、残念ながら子供っぽい趣味の方が楽しいんだ。何だか疲れて、余裕が無くて、楽しいフリをして消耗するのはもうやめたんだ。
子供のまま前へ進むような、屈折した歩み方をしてみようかと考え始めている。捨てられない執着心みたいな、ろくでもない感情で。


スポンサーリンク

関連記事

エアブラシの思い出
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
ZigBee
日本でMakersは普及するだろうか?
2021年8月 振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
3月の振り返り
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
2020年6月 振り返り
皆声.jp
人材輩出企業
なりたい自分?
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
かっこいい大人にはなれなかったけど
ファンの力
映像ビジネスの未来
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
2019年5月 行動振り返り
2019年1月~2月 振り返り
TOHOシネマズ新宿
ZBrushのお勉強
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
HerokuでMEAN stack
インターフェイスは世界を規定する
他人に水面下の苦労は見えない
瞬発力の時代
2015年10月21日
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
『今年の新入社員』入社年度別新入社員タイプ一覧
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
まだまだ続く空想科学読本
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
機械から情報の時代へ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
書籍『コンテンツの秘密』読了
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
2015年の振り返り
こんなところで身体を壊している場合じゃない
言葉が支配する世界
2020年10月 振り返り
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た

コメント