1週間のサイクル

2017年が早くも1ヶ月経過しちゃったけど、今年の抱負に向かっている気がしない。
なので、今年の時間の使い方についての考えをメモ書きしておく。

週末はジムと模型趣味に使っているけど、平日5日間は「早く週末になれ」みたいな感じで通り過ぎるのを待っている。こいつはいかんということで、平日の使い方をもう少し考え直したい。(最近はダラダラAmazonプライム・ビデオ観てる…)

平日は自由に使える時間が少ないとはいえ、ゼロではないので上手く使った方が良い。次の日に響かない程度と考えると、1日に使えるのは2~3時間でしょうか。
時間の上限を設けておかないと、作業に熱中して寝ずに続けちゃう傾向にあるので、機械的に使える時間を定義しておきたい。健康上、睡眠時間の確保が最優先です。

模型趣味を平日にやらない理由は、塗料や接着剤などの物理的性質上、作業を時間で区切りにくいから。

現在週1で行ってる英会話の宿題をやる時間も必要だが、これは毎日少しずつやるというよりは、やる日を1日だけ作って集中してこなすべきだろう。小分けにするとかえって能率が下がりそうだ。


スポンサーリンク


時間を何に使いたいかというと、スキルアップ。スキルアップという観点では、やる気に頼るのではなく、毎日少しずつでも必ずやるような習慣にすること。ハードルはなるべく低く、続けられる程度に抑えること。
http://blog.tinect.jp/?p=37452

一時期、平日はZBrushを触るようにしてたんだけど、少し仕事が忙しくなって触らない期間が続いたらそのまま自然消滅してしまった(笑)
当然、仕事には波があり、暇な時も忙しい時もあるわけで、変動するものだという前提で優先順位を付けておいた方が良い。重要なのは、また暇になった時に再び習慣を復活させることだ。

幸い、パソコン上だけで完結する事、特にプログラミングに近いジャンルは、無理やり仕事に繋げて業務時間中にスキルアップしてしまうという手も無くはない。Unityでのコーディングとかはそれで訓練した。(Uneral Engineもそのノリで習得したかったのだが…)

こうやって考えてみると、学校の「時間割」ってのは強制的に習慣を作ってくれるシステムだったのかもな。学校の試験ってのは習慣を測る手段だったのかもしれない。
そこから習慣の重要性を学び取るべきだった。。。


スポンサーリンク

関連記事

2020年4月 振り返り
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
言葉が支配する世界
職場におけるセルフブランディング
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
インターフェイスは世界を規定する
TOHOシネマズ新宿
かっこいい大人にはなれなかったけど
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
4月の振り返り
2019年7月 行動振り返り
書籍『メモの魔力』読了
2018年10月~11月 振り返り
2019年6月 行動振り返り
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
2020年の振り返り
趣味でCEDECに来ている者だ
2017年の振り返り
Web配信時代のコンテンツ構成
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
2018年 観に行った映画振り返り
瞬発力の時代
オープンソースの取引プラットフォーム
2017年 観に行った映画振り返り
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
CEDEC 3日目
書籍『グラビアアイドルの仕事論』読了
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
偏愛マップ
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
10月の振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
2021年3月 振り返り
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
映像ビジネスの未来
過程を晒す
2021年5月 振り返り
PowerPointによるプレゼン
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
まだまだ続く空想科学読本

コメント