1週間のサイクル

2017年が早くも1ヶ月経過しちゃったけど、今年の抱負に向かっている気がしない。
なので、今年の時間の使い方についての考えをメモ書きしておく。

週末はジムと模型趣味に使っているけど、平日5日間は「早く週末になれ」みたいな感じで通り過ぎるのを待っている。こいつはいかんということで、平日の使い方をもう少し考え直したい。(最近はダラダラAmazonプライム・ビデオ観てる…)

平日は自由に使える時間が少ないとはいえ、ゼロではないので上手く使った方が良い。次の日に響かない程度と考えると、1日に使えるのは2~3時間でしょうか。
時間の上限を設けておかないと、作業に熱中して寝ずに続けちゃう傾向にあるので、機械的に使える時間を定義しておきたい。健康上、睡眠時間の確保が最優先です。

模型趣味を平日にやらない理由は、塗料や接着剤などの物理的性質上、作業を時間で区切りにくいから。

現在週1で行ってる英会話の宿題をやる時間も必要だが、これは毎日少しずつやるというよりは、やる日を1日だけ作って集中してこなすべきだろう。小分けにするとかえって能率が下がりそうだ。


スポンサーリンク


時間を何に使いたいかというと、スキルアップ。スキルアップという観点では、やる気に頼るのではなく、毎日少しずつでも必ずやるような習慣にすること。ハードルはなるべく低く、続けられる程度に抑えること。
http://blog.tinect.jp/?p=37452

一時期、平日はZBrushを触るようにしてたんだけど、少し仕事が忙しくなって触らない期間が続いたらそのまま自然消滅してしまった(笑)
当然、仕事には波があり、暇な時も忙しい時もあるわけで、変動するものだという前提で優先順位を付けておいた方が良い。重要なのは、また暇になった時に再び習慣を復活させることだ。

幸い、パソコン上だけで完結する事、特にプログラミングに近いジャンルは、無理やり仕事に繋げて業務時間中にスキルアップしてしまうという手も無くはない。Unityでのコーディングとかはそれで訓練した。(Uneral Engineもそのノリで習得したかったのだが…)

こうやって考えてみると、学校の「時間割」ってのは強制的に習慣を作ってくれるシステムだったのかもな。学校の試験ってのは習慣を測る手段だったのかもしれない。
そこから習慣の重要性を学び取るべきだった。。。


スポンサーリンク

関連記事

頭がいい人
Google ブック検索
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
映像ビジネスの未来
そのアプローチは帰納的か演繹的か
まだまだ続く空想科学読本
TOHOシネマズ新宿
2019年7月 行動振り返り
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
2018年 観に行った映画振り返り
2018年10月~11月 振り返り
社会人基礎力
シュールな光景
ガンダムはALSOKによって守られている
2017年 観に行った映画振り返り
調べものは得意なのかもしれない
2019年11月 行動振り返り
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
オープンソースの取引プラットフォーム
ストレングス・ファインダー
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
『今年の新入社員』入社年度別新入社員タイプ一覧
感じたことを言語化する
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
3月の振り返り
2019年の振り返り
ガメラ生誕50周年
プログラミングスキルとは?
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
他人に水面下の苦労は見えない
11月の振り返り
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
8月の振り返り
自分の性質
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
7月の振り返り
書籍『転職の思考法』読了
PCの自作
日本はアニメ大国(笑)

コメント