海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着

ガメラも少しずつ進めてます。

海洋堂の20年前の怪獣ソフビキットがSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販されたのが嬉しくてせっせと買ってしまっているものの、組み立てる手が追いつかずにいる。 ゴジラだけでな...

続いて、まだバリの付いたままの状態だった下アゴパーツを軸打ち加工していく。



同じ20cmサイズでも、G1ガメラは頭が大きいから下アゴパーツが大きいですね。


スポンサーリンク

下アゴの軸打ち加工

下アゴパーツのバリを切り取り、内側の空洞にエポキシパテを充填する。



エポキシパテが硬化したら、ピンバイスで穴を開け、1.5mmの真鍮線で軸打ち。下アゴパーツが大きいので今回は3本打った。



基部となる側にも対応する穴を開ける。



取り付けてズレてないか確認。



ここで息抜きついでに脚パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋めておく。



気泡埋めもちょいちょい。

甲羅の接着

甲羅パーツを接着する。
甲羅は大きいパーツなので、1度に全部接着しようとしないで、少しずつ順に止めていく。
まず首の裏部分にゼリー状接着材を点付けし、位置合わせしながら少しずつ瞬間硬化スプレーを吹き付けて止めていく。



首の後ろ、腕の付け根、足の付け根と、大まかに5箇所で位置を合わせて接着していった。



全体を止め終えたら、念のためパーツの隙間に瞬間接着剤を流し込んでしっかりと接着。

尻尾の接着

甲羅を接着したところで、尻尾パーツも接着していく。



上から見るとピッタリ合っているように見えるけど、



裏側はちょっと隙間が空いてしまった。バリの切り取り方が下手だったのか、それとも元々パーツがズレてるのか。



これは後でエポキシパテで上手く繋がなくちゃな。

腕の接着

残るは腕パーツだけ。



特に難しいこともなく、普通に接着。



こちらもパーツの隙間が結構あるので、パテ埋めを頑張らないと。





これでほぼ全パーツ接着しちゃった。全体像は出来上がっちゃった。それにしてもデカイな。



次はパーツの継ぎ目のパテ埋めや気泡埋めをチビチビと…


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.