海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着

ガメラも少しずつ進めてます。



続いて、まだバリの付いたままの状態だった下アゴパーツを軸打ち加工していく。



同じ20cmサイズでも、G1ガメラは頭が大きいから下アゴパーツが大きいですね。


スポンサーリンク

下アゴの軸打ち加工

下アゴパーツのバリを切り取り、内側の空洞にエポキシパテを充填する。



エポキシパテが硬化したら、ピンバイスで穴を開け、1.5mmの真鍮線で軸打ち。下アゴパーツが大きいので今回は3本打った。



基部となる側にも対応する穴を開ける。



取り付けてズレてないか確認。



ここで息抜きついでに脚パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋めておく。



気泡埋めもちょいちょい。

甲羅の接着

甲羅パーツを接着する。
甲羅は大きいパーツなので、1度に全部接着しようとしないで、少しずつ順に止めていく。
まず首の裏部分にゼリー状接着材を点付けし、位置合わせしながら少しずつ瞬間硬化スプレーを吹き付けて止めていく。



首の後ろ、腕の付け根、足の付け根と、大まかに5箇所で位置を合わせて接着していった。



全体を止め終えたら、念のためパーツの隙間に瞬間接着剤を流し込んでしっかりと接着。


スポンサーリンク

尻尾の接着

甲羅を接着したところで、尻尾パーツも接着していく。



上から見るとピッタリ合っているように見えるけど、



裏側はちょっと隙間が空いてしまった。バリの切り取り方が下手だったのか、それとも元々パーツがズレてるのか。



これは後でエポキシパテで上手く繋がなくちゃな。

腕の接着

残るは腕パーツだけ。



特に難しいこともなく、普通に接着。



こちらもパーツの隙間が結構あるので、パテ埋めを頑張らないと。





これでほぼ全パーツ接着しちゃった。全体像は出来上がっちゃった。それにしてもデカイな。



次はパーツの継ぎ目のパテ埋めや気泡埋めをチビチビと…

このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
仮面ライダーの玩具
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
ガレージキットのフィニッシャー
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
4K HDR『ガメラ2 レギオン襲来』
ゴジラの口の色
大人の知識で玩具の改造
GMKゴジラの口の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
ガワコス
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
映像ビジネスの未来
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2016 レジンキットが届いた!
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
ガメラの新作『GAMERA -Rebirth-』の特報が公開された

コメント