ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整

前回から2ヶ月近く空いてしまったな。



前回首のラインをいじったものの、やはりまだ違和感があるので、ムック本に掲載されている横向きの写真をトレースした線画と比較。

iPad ProとProcreateでトレースしてみた



首のラインも違うけど、そもそも全体のバランスが結構違う。
ムックに載っている写真はアオリ気味のアングルから撮られているらしく、頭頂部が全然見えず、おそらく下半身はパースがかかって少し大きく写っているのだけど、それにしてもオイラの作った方はさすがに脚が短か過ぎるな。


スポンサーリンク


頭の位置を変え、首を太くしてラインを変え、全体のパーツのバランスも調整した↓



甲羅と腹甲を再び分割して別SubTool化。全体にClayPolishをかけてフォルムを整理した。



腕の付け根を高くし、親指と人差し指の角度を写真に似せ、手首の角度も少し変更。他の指の角度も変えないと不自然だな。



脚と足首を分割して別SubTool化し、長さやポーズを少し変更。トゲの位置も改めて入れ直した。



とはいえ、まだ脚が短過ぎるな。そもそも、参考にする写真ごとに姿勢が違い、脚の開き具合・踏ん張り具合が違うのでだいぶ印象が変わる。

少しアオリ気味の角度から見ると、顔は割と似て見えるんだけどな↓



スポンサーリンク

作業の振り返り

細々とした調整作業を1つの動画に繋いだ↓



尻尾のパーツはまだあんまりちゃんといじっていないので、そろそろちゃんと形を出さないとな。

なかなか完成しないので、少し気分を変えて自分の過去作を見返してみた。
オリジナルで作って3Dプリントまでやったやつ↓
CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3...


見返してみると、今作っているアヴァン・ガメラが自分史上最高に凝った作り方をしている。
以前3Dプリントしたものは今回のアヴァン・ガメラより全然粗かったのに、それでもフィギュアサイズに3Dプリントするとそれなりの見栄えになって満足度が高かった。
もっとディティールが欲しくなるのは、ディスプレイやメモリを増強して高解像度なデータを扱えるようになったからかな。あんまり細部ばかり気にしないでもっと大胆に進めたいなぁ。

ZBrushで怪獣のMMDモデルを作っているByNEETさんのTwitterを見て、進め方の参考にしたくなってきた。すごいなぁ。



ByNEETさんのpixivFANBOXに少し支援して、メイキング記事を読んでみる。
オリジナルバルタンとかエメゴジとかガメラ3のメイキングが興味深い。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrush 2018での作業環境を整える
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
3Dグラフィックスの入門書
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Paul Debevec
NICOGRAPHって有名?
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
顔のモデリング
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
線画を遠近法で描く
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ラクガキの立体化 目標設定
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ゴジラのガレージキット組み立て動画
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
CLO:服飾デザインツール
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける

コメント