ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整

前回から2ヶ月近く空いてしまったな。



前回首のラインをいじったものの、やはりまだ違和感があるので、ムック本に掲載されている横向きの写真をトレースした線画と比較。

iPad ProとProcreateでトレースしてみた



首のラインも違うけど、そもそも全体のバランスが結構違う。
ムックに載っている写真はアオリ気味のアングルから撮られているらしく、頭頂部が全然見えず、おそらく下半身はパースがかかって少し大きく写っているのだけど、それにしてもオイラの作った方はさすがに脚が短か過ぎるな。


スポンサーリンク


頭の位置を変え、首を太くしてラインを変え、全体のパーツのバランスも調整した↓



甲羅と腹甲を再び分割して別SubTool化。全体にClayPolishをかけてフォルムを整理した。



腕の付け根を高くし、親指と人差し指の角度を写真に似せ、手首の角度も少し変更。他の指の角度も変えないと不自然だな。



脚と足首を分割して別SubTool化し、長さやポーズを少し変更。トゲの位置も改めて入れ直した。



とはいえ、まだ脚が短過ぎるな。そもそも、参考にする写真ごとに姿勢が違い、脚の開き具合・踏ん張り具合が違うのでだいぶ印象が変わる。

少しアオリ気味の角度から見ると、顔は割と似て見えるんだけどな↓



スポンサーリンク

作業の振り返り

細々とした調整作業を1つの動画に繋いだ↓



尻尾のパーツはまだあんまりちゃんといじっていないので、そろそろちゃんと形を出さないとな。

なかなか完成しないので、少し気分を変えて自分の過去作を見返してみた。
オリジナルで作って3Dプリントまでやったやつ↓
CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3...


見返してみると、今作っているアヴァン・ガメラが自分史上最高に凝った作り方をしている。
以前3Dプリントしたものは今回のアヴァン・ガメラより全然粗かったのに、それでもフィギュアサイズに3Dプリントするとそれなりの見栄えになって満足度が高かった。
もっとディティールが欲しくなるのは、ディスプレイやメモリを増強して高解像度なデータを扱えるようになったからかな。あんまり細部ばかり気にしないでもっと大胆に進めたいなぁ。

ZBrushで怪獣のMMDモデルを作っているByNEETさんのTwitterを見て、進め方の参考にしたくなってきた。すごいなぁ。



ByNEETさんのpixivFANBOXに少し支援して、メイキング記事を読んでみる。
オリジナルバルタンとかエメゴジとかガメラ3のメイキングが興味深い。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

MFnDataとMFnAttribute
Maya API Reference
ゴジラのガレージキット組み立て動画
Photogrammetry (写真測量法)
黒歴史
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Pix2Pix:CGANによる画像変換
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
3DCGのモデルを立体化するサービス
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
ぼくたちのトクサツ!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅・皮膚の仕上げ塗装
注文してた本が届いた
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
マイケル・ベイの動画の感覚
MRenderUtil::raytrace
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushのUV MasterでUV展開
Subsurface scatteringの動画
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ガワコス
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
ZBrushで基本となるブラシ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
素敵なパーティクル
デザインのリファイン再び
Maya 2015から標準搭載されたMILA

コメント