写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 


スポンサーリンク
Adobe MAX 2014 Sneaks: #3DPhotoMagic | Adobe Creative Cloud

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク

関連記事

日本でMakersは普及するだろうか?
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrush 2018へのアップグレード
無料で使える人体3DCG作成ツール
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ガメラ生誕50周年
Maya 2015から標準搭載されたMILA
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenGVのライブラリ構成
ニューラルネットワークで画像分類
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityでARKit2.0
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
布地のシワの法則性
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Open Shading Language (OSL)
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Oculus Goを購入!
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
紅葉 その4
ジュラシック・パークのメイキング
プログラムによる景観の自動生成
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
去年購入したiPad Proのその後
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!

コメント