写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 


スポンサーリンク
Adobe MAX 2014 Sneaks: #3DPhotoMagic | Adobe Creative Cloud

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushの練習 手のモデリング
紅葉 その4
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Unityで360度ステレオVR動画を作る
この連休でZBrushの スキルアップを…
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushトレーニング
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushのZScript入門
GoogleのDeep Learning論文
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
PythonでBlenderのAdd-on開発
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Maya API Reference
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Kinect for Windows v2の日本価格決定
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ラクガキの立体化 進捗
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
UnityでLight Shaftを表現する
Raytracing Wiki
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
OpenMayaのPhongShaderクラス
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Vancouver Film Schoolのデモリール
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる

コメント