写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

CLO:服飾デザインツール
顔画像処理技術の過去の研究
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ベイズ推定とグラフィカルモデル
SIGGRAPH Asia
ニューラルネットワークと深層学習
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ゴジラ三昧
Active Appearance Models(AAM)
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
TVML (TV program Making language)
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
NICOGRAPHって有名?
SIGGRAPH ASIAのマスコット
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
clearcoat Shader
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
テスト
Subsurface scatteringの動画
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushで人型クリーチャー
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
マジョーラ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
2012のメイキングまとめ(途中)
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント