写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 


スポンサーリンク
Adobe MAX 2014 Sneaks: #3DPhotoMagic | Adobe Creative Cloud

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
デザインのリファイン再び
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
TVML (TV program Making language)
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
色んな三面図があるサイト
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrush キャラクター&クリーチャー
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
SIGGRAPH Asia
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
iPhone欲しいなぁ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
顔モデリングのチュートリアル
3D復元技術の情報リンク集
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Adobe MAX 2015
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
マイケル・ベイの動画の感覚
MFnMeshクラスのsplit関数
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
顔画像処理技術の過去の研究
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Houdiniのライセンスの種類
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ディープラーニング
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

コメント