写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 


スポンサーリンク
Adobe MAX 2014 Sneaks: #3DPhotoMagic | Adobe Creative Cloud

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018での作業環境を整える
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
注文してた本が届いた
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
マジョーラ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
CreativeCOW.net
Unite 2014の動画
ゴジラの造形
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
紅葉 その4
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
自前のShaderがおかしい件
立体視を試してみた
2018年に購入したiPad Proのその後
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Raytracing Wiki
Kinect for Windows v2の日本価格決定
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
3DCGのモデルを立体化するサービス
海外ドラマのChromaKey
Ambient Occlusionを解析的に求める
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ファンの力
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編

コメント