写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 


スポンサーリンク
Adobe MAX 2014 Sneaks: #3DPhotoMagic | Adobe Creative Cloud

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク

関連記事

なんかすごいサイト
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
MRenderUtil::raytrace
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
AfterEffectsプラグイン開発
ガメラ生誕50周年
機械学習手法『Random Forest』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ラクガキの立体化 目標設定
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Raytracing Wiki
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
今年もSSII
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ニューラルネットワークと深層学習
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
clearcoat Shader
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
注文してた本が届いた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』

コメント