写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Stanford Bunny
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
フルCGのウルトラマン!?
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
素敵なパーティクル
注文してた本が届いた
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushのZScript入門
ZBrush 4R8 リリース!
ゴジラの造形
Unityで360度ステレオVR動画を作る
顔モデリングのチュートリアル
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushCore
なんかすごいサイト
UnityのAR FoundationでARKit 3
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
タマムシっぽい質感
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
MRenderUtil::raytrace
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...

コメント