写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』

Twitterで知ったんだけど、10月6日~8日にロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2014というカンファレンスの、将来搭載されるかもしれない新技術をプレゼンテーションする「Sneak Peeks」というセッションの内容がすごい。全部で13のプロジェクトが紹介されたらしいんだけど、中でも3DPhotoMagicというのが個人的にツボ。
これは写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成するための技術。実写と3DCGを合成する話は結構昔からあるんだけど、違和感無く合成するためには写真の撮影環境の情報を別途計測して利用する方法が主流だった。このプロジェクトは撮影環境の情報を写真1枚から推定してしまう技術なわけです。


スポンサーリンク


3Dオブジェクトを合成する上で必要となる情報は、カメラのレンズの情報(歪みやパースなど)や、写真内に写っている物の位置関係、そして照明環境。ハリウッドの大作映画だと、これらの情報を撮影時に記録したり、撮影後の画から人海戦術で入力したりしてましたね。今まで人的な作業が非常に多いジャンルだったけど、これらが1枚の画像からサクッとできちゃう技術だそうです。
 

 
この「Sneak Peeks」で発表される技術は、Adobe製品への搭載を確約するものではなく、あくまで可能性のプレゼンテーションだけど、やっぱり期待してしまう。
その他に発表されたプロジェクトについてはこちらの記事が詳しい↓
「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Adobe MAX 2015
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushでカスタムUIを設定する
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
参考になりそうなサイト
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
無料で使える人体3DCG作成ツール
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
テスト
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Unite 2014の動画
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Paul Debevec
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ポイントクラウドコンソーシアム
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
PythonでBlenderのAdd-on開発
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Mayaのレンダリング アトリビュート
ニューラルネットワークと深層学習
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
MFnDataとMFnAttribute

コメント