シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!

日本のゴジラの新作「シン・ゴジラ」のティザーポスターと特報が公開された。ポスターには新しいゴジラと思われるビジュアルが載っている。↓

シン・ゴジラ

2016年7月29日公開ですか。


スポンサーリンク


Twitterだと、このゴジラのビジュアルを、初代ゴジラの雛形っぽいって言ってる人が結構いるけど、オイラの感想としては、モコモコとした口まわりが初代ゴジラ劇中に登場したギニョールを思わせる風貌だなぁ、と。
あと、顔のパーツのバランスがオオサンショウウオみたい。眼球がほぼむき出しで、まぶたなんて無さそうな感じとか。初代ゴジラ劇中で山根博士が解説していた「海洋爬虫類から陸上獣類へ進化する過程の生物」って位置づけなら恐竜っぽくなくてもいいわけだしね。(サンショウウオは両生類ですが)

いやあ、しかし随分と振り切ったデザインですなぁ。非常に日本的というか、西洋のクリーチャーには絶対にないデザインラインだ。日本の昔話に登場する怪物ってこんな風貌かもしれない、と感じさせる。すでにハリウッドでのゴジラシリーズ制作が決定していて、そっちはVS路線だからあえて全く違う方向へ振っているのかも。
ゴジラのデザインが明らかにハリウッドのクリーチャーの影響を受け始めたのは平成以降だろうか。特撮を「SFX」なんて呼んだ時期もあった。作り手、観客共にハリウッドへのコンプレックスも結構あったのかも。

そういえば、ミレニアムの時みたいに、このビジュアルはあくまで雛形で、劇中に登場するデザインは別物ってこともありうるのかな?

そして特報がこちら。↓


スポンサーリンク
『シン・ゴジラ』特報

特報にはゴジラの姿が出てこないけど、はたしてこのゴジラはどう描かれるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ゴジラ誕生祭 スピンオフ 池袋HUMAXシネマズ ゴジラまつり
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
実写版『進撃の巨人』を観た (ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
2019年 観に行った映画振り返り
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
ゴジラの造形
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
ゴジラのプラモデルの組立動画
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
『ウルトラマンZ』にハマっている
シン・ゴジラ第四形態の造形
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
ULTRA-ACT×S.H.Figuarts 『ULTRAMAN』が2015年7月31日発売
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
平成ガメラ
今年も怪獣大進撃
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
ゴジラムービースタジオツアー

コメント