シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!

日本のゴジラの新作「シン・ゴジラ」のティザーポスターと特報が公開された。ポスターには新しいゴジラと思われるビジュアルが載っている。↓

シン・ゴジラ

2016年7月29日公開ですか。


スポンサーリンク


Twitterだと、このゴジラのビジュアルを、初代ゴジラの雛形っぽいって言ってる人が結構いるけど、オイラの感想としては、モコモコとした口まわりが初代ゴジラ劇中に登場したギニョールを思わせる風貌だなぁ、と。
あと、顔のパーツのバランスがオオサンショウウオみたい。眼球がほぼむき出しで、まぶたなんて無さそうな感じとか。初代ゴジラ劇中で山根博士が解説していた「海洋爬虫類から陸上獣類へ進化する過程の生物」って位置づけなら恐竜っぽくなくてもいいわけだしね。(サンショウウオは両生類ですが)

いやあ、しかし随分と振り切ったデザインですなぁ。非常に日本的というか、西洋のクリーチャーには絶対にないデザインラインだ。日本の昔話に登場する怪物ってこんな風貌かもしれない、と感じさせる。すでにハリウッドでのゴジラシリーズ制作が決定していて、そっちはVS路線だからあえて全く違う方向へ振っているのかも。
ゴジラのデザインが明らかにハリウッドのクリーチャーの影響を受け始めたのは平成以降だろうか。特撮を「SFX」なんて呼んだ時期もあった。作り手、観客共にハリウッドへのコンプレックスも結構あったのかも。

そういえば、ミレニアムの時みたいに、このビジュアルはあくまで雛形で、劇中に登場するデザインは別物ってこともありうるのかな?

そして特報がこちら。↓


スポンサーリンク
『シン・ゴジラ』特報

特報にはゴジラの姿が出てこないけど、はたしてこのゴジラはどう描かれるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
操演という仕事
今年も怪獣大進撃
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
GMKゴジラ完成!
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
『特撮のDNA』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
平成ガメラ
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
GMKゴジラの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
大ゴジラ特撮展
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事

コメント