オンライン英会話ネイティブキャンプを始めてみた

テレワーク化で通勤時間が浮いたので、オンライン英会話を始めてみようと思ってネイティブキャンプに登録してみた。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ TVCM 「緊迫の場面」篇 15秒ver.

で、登録してスピーキングテストまでやったは良いけど、基本的に人見知りなのでビビりまくってなかなかレッスンを受けられずにいた。YouTubeで念入りにレッスンの様子の動画を確認して心の準備をしていた(笑)

【ネイティブキャンプ英会話】カランメソッド レッスンの流れ

何なら他人が教わっているのを傍目で眺めていたいぐらいのビビリ。オンラインでいきなり初対面ってかなり緊張する。
Webカメラとヘッドセット(テレワーク用に買った)を用意して設備的には万全なのに(笑)


スポンサーリンク


直近の英語学習の目標はTOEICの点数を安定させることなので、TOEIC L&R TEST対策コースが候補。


スポンサーリンク
【ネイティブキャンプ英会話】TOEIC(R)TESTレッスンの流れ Part 1 & 2

【ネイティブキャンプ英会話】TOEIC(R)TESTレッスンの流れ Part 3 & 4

勇気を出して15分だけレッスンを受けてみることにした。

テレワーク化前は結構続けていたabceedの履歴的にはPart 1のレッスンはあんまり必要じゃないんだけど、



ネイティブキャンプは初心者なのでとりあえず用意されている教材をPart 1から順に進めてみる。

初めてのレッスン

月額制でレッスン回数無制限ではあるけど、講師を予約するにはコインを消費するらしい。
特に予約無しですぐにレッスン開始を希望すると、非ネイティブの講師しか空いていなかった。そもそもTOEIC対策コースはネイティブいないのかな?

ビビッてレッスン時間を15分と希望したので、Part 1の問題の途中まででレッスン終了。たった15分なのにかなり汗をかいた。英語に限らず、初対面の会話はやっぱり緊張する。
ネイティブキャンプはスマホからも受講できるらしいけど、TOEIC対策コースは問題教材を見ながら進めるレッスンになるので、パソコンからやって正解だった。

回線のせいなのか講師側のマイクのせいなのか、はたまたオイラが使っていたヘッドセット(アナログ接続)の性能の問題なのか、講師の声を聞き取るのがちょっと難しい時があった。
USB接続タイプのヘッドセットを購入したくなってきた。オンラインゲームをする人達にとっては標準装備なのだろうか。

ビビリながらも最初の一歩は踏み出せた自分を褒めてあげたい。このままマイペースに続けていこうと思う。

その後、ちゃんとしたヘッドセットを購入。USB接続ならアナログ接続と違ってノイズも少ないし、ヘッドホンの方が音に集中できる。

Logicool G ゲーミングヘッドセット G431 ブラック Dolby 7.1ch ノイズキャンセリング マイク 付き PC PS4 Switch 3.5mm usb 軽量 国内正規品 2年間メーカー保証


スポンサーリンク

関連記事

2020年2月 振り返り
2019年3月~4月 行動の振り返り
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
ドットインストールのWordPress入門レッスン
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
英語学習の準備
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
AI英語教材アプリ『abceed』
すてる英語学習本『ずるいえいご』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushトレーニング
represent
2019年7月 行動振り返り
2019年8月 行動振り返り
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
まるで成長していない
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
9月の振り返り
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
2020年6月 振り返り
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
2019年9月 行動振り返り
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
2019年6月 行動振り返り
Pix2Pix:CGANによる画像変換
WordPressで数式を扱う
機械学習手法『Random Forest』
2019年11月 行動振り返り
2020年3月 振り返り
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
2019年5月 行動振り返り
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』

コメント