人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。

The Digital Emily Project: Achieving a Photoreal Digital Actor

南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。



ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。


スポンサーリンク
Image Metrics: How-To Video

Real-Time Emily Demo

この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。

NVIDIA FaceWorks

スポンサーリンク

関連記事

世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ZBrushトレーニング
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Open Shading Language (OSL)
ニューラルネットワークで画像分類
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
iPhone5S → iPhone6S
ベイズ推定とグラフィカルモデル
機動武闘伝Gガンダム
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
自前のShaderがおかしい件
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushで基本となるブラシ
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
2015年10月21日
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Maya LTのQuick Rigを試す
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
平成ガメラ
Blender 2.8がついに正式リリース!
ゴジラ三昧
テスト
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
遺伝子検査で自己分析
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏

コメント