人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。



南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。



ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。





この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
PolyPaint
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushのお勉強
SIGGRAPH Asia
ラクガキの立体化 目標設定
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
動画配信ぐらい当たり前の時代
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrush 4R8 リリース!
立体視を試してみた
続・ディープラーニングの資料
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
日本でMakersは普及するだろうか?
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
今年もSSII
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ゴジラ トレーディングバトル
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ZBrush 4R7
UnityでPoint Cloudを表示する方法
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
サンダーバード ARE GO
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ZBrushの作業環境を見直す
布のモデリング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Stanford Bunny

コメント