人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。



南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。



ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。





この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。


スポンサーリンク

関連記事

Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenGVの用語
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
GMKゴジラの口接着
Subsurface scatteringの動画
立体視を試してみた
注文してた本が届いた
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
この本読むよ
なりきり玩具と未来のガジェット
ZBrushトレーニング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
プログラミングスキルとは何か?
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
『さらば あぶない刑事』を観た
ディープラーニング
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Mayaのプラグイン開発
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
サンライズの勇者シリーズ30周年
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た

コメント