人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。

The Digital Emily Project: Achieving a Photoreal Digital Actor

南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。



ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。


スポンサーリンク
Image Metrics: How-To Video

Real-Time Emily Demo

この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。

NVIDIA FaceWorks

スポンサーリンク

関連記事

ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
動画配信ぐらい当たり前の時代
3DCGのモデルを立体化するサービス
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Unityをレンダラとして活用する
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
立体視を試してみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
マジョーラ
CGのためのディープラーニング
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
CreativeCOW.net
Maya API Reference
Photogrammetry (写真測量法)
自前のShaderがおかしい件
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
仮面ライダークウガ 20周年
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Web配信時代のコンテンツ構成
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
GMKゴジラの口接着
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
顔画像処理技術の過去の研究
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
遺伝子検査で自己分析
ZBrushでカスタムUIを設定する

コメント