人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。

The Digital Emily Project: Achieving a Photoreal Digital Actor

南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。



ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。


スポンサーリンク
Image Metrics: How-To Video

Real-Time Emily Demo

この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。

NVIDIA FaceWorks

スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaのPhongShaderクラス
ゴジラ(2014)のメイキング
Mayaのレンダリング アトリビュート
Blender 2.8がついに正式リリース!
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
無料で使える人体3DCG作成ツール
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
マジョーラ
Raytracing Wiki
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
adskShaderSDK
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
iPhone欲しいなぁ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
日本でMakersは普及するだろうか?
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Ambient Occlusionを解析的に求める
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
あの頃で止まった時間
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushでカスタムUIを設定する
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Adobe Photoshop CS5の新機能
Paul Debevec
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

コメント