「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 モールドの追加
HD画質の無駄遣い
ZScript
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
2015年10月21日
Stanford Bunny
2016年 観に行った映画振り返り
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
Adobe Photoshop CS5の新機能
Oculus Goを購入!
OpenCVで動画の手ぶれ補正
UnityのTransformクラスについて調べてみた
3DCGのモデルを立体化するサービス
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
映画『シン・ウルトラマン』の特報!
ゴジラ トレーディングバトル
iPhone欲しいなぁ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
海外ドラマのChromaKey
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
仕事の速いファンアート
Mr.ビーン
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
UnityでOpenCVを使うには?
AfterEffectsプラグイン開発
デザインのリファイン再び
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
無料で使える人体3DCG作成ツール
統計的な顔モデル
3Dグラフィックスの入門書
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た
ZBrushで基本となるブラシ
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた

コメント