「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
タダでRenderManを体験する方法
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
WebGL開発に関する情報が充実してきている
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
HD画質の無駄遣い
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
HD画質の無駄遣い その2
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
映画『メッセージ』を観た
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushの作業環境を見直す
スター・ウォーズ/フォースの覚醒を観た (ネタバレ無し)
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Blender 2.8がついに正式リリース!
黒澤映画
顔のモデリング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ニューラルネットワークと深層学習
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ポイントクラウドコンソーシアム
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』

コメント