「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 目標設定
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ニューラルネットワークと深層学習
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
この連休でZBrushの スキルアップを…
アニメーション映画『GODZILLA』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
ZBrush 4R8 リリース!
Houdiniのライセンスの種類
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
続・ディープラーニングの資料
adskShaderSDK
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ZBrushの作業環境を見直す
SFX技術のドキュメンタリー番組『ムービー・マジック』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
2015年10月21日
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
スター・ウォーズ フォースの覚醒 BB-8の誕生秘話
Mayaのシェーディングノードの区分
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を観た
海外ドラマのChromaKey
タマムシっぽい質感
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Adobe Photoshop CS5の新機能
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
OpenMayaRender

コメント