「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

Unityをレンダラとして活用する
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Adobe Photoshop CS5の新機能
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ZBrush 2018での作業環境を整える
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
OpenGVの用語
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
Mayaのレンダリング アトリビュート
日本でMakersは普及するだろうか?
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ZBrushの作業環境を見直す

コメント