「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Unityをレンダラとして活用する
マイケル・ベイの動画の感覚
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
海外ドラマのChromaKey
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
TOHOシネマズ新宿
映画『破裏拳ポリマー』を観た
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ディープラーニング
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ゴジラ(2014)のメイキング
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ベイズ推定とグラフィカルモデル
adskShaderSDK
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
MRenderUtil::raytrace
OpenMayaのPhongShaderクラス
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
顔画像処理技術の過去の研究
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい

コメント