「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

最近、よくTEDを見てる。
これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。

How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrich

デジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者であるEd Ulbrichが「ベンジャミン·バトン数奇な人生」で彼のチームが手掛けた、老化したブラッド·ピットの顔制作の舞台裏側を解説する。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


VFX技術開発の話がメインだけど、最初にステップを一般化して話しているので、課題解決のプロセスとしても参考になる気がする。

話の中で出てきたFacial Action Coding System(FACS)って技術に興味出てきたぞ。ちょっと調べてみよう。



スポンサーリンク

関連記事

PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
夕刊ゴジラ
仕事の速いファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
OpenMayaRender
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』を観てきた
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
『さらば あぶない刑事』を観た
ゴジラムービースタジオツアー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushのお勉強
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
コンピュータビジョンの技術マップ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
GoogleのDeep Learning論文
CGのためのディープラーニング
3Dグラフィックスの入門書
統計的な顔モデル
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
リメイク版ロボコップスーツのメイキング

コメント