映画『ピーターラビット』を観た

実写映画化された「ピーターラビット」を観てきた。
間違えて吹き替え版で映画館の座席予約しちゃったんだけど、結果的に吹き替え版で観て良かったような気がする。原語よりも吹き替えの方がピーターの声が若々しくて、行動のハチャメチャさが自然に見えた。
続編の制作も決定しているそうですよ。
http://www.peterrabbit-movie.jp/



最初に海外版の予告編を見た時は、原作の雰囲気からだいぶ逸脱してて「正気か?」と思ったけど、いや面白かったですよ。英国的な皮肉をビジュアルとテンポで描くならあんな感じで良いのかも。
動物が主役の絵本が題材というと、昨今のディズニー実写作品っぽいテイストにもなりそうなところを、今のディズニーが絶対やらなそうな方向へひねくれてて良かった。ちょっと不謹慎なところも。
正統派なファミリー映画が他に存在するからこそできるパロディー的な雰囲気もある。

ところで「原作」と書いたけど、元の絵本「ピーターラビット」は映画の「原案」扱いのようです。(絵本から相当脚色されてますからね)


スポンサーリンク


絵本のピーターラビットはまだ幼い少年だったけど、本作は大人(?)に成長したピーターが主人公で、舞台設定も現代のイギリス。現代でも原作と同じ湖水地方の風景が維持できてるのはナショナル・トラストおかげか。

絵本にも登場するウサギ達の敵 マクレガーさんが絵本のまんまのビジュアルで登場したのにちょっと感動。まんま過ぎて演じてたのがサム・ニールだと気づかなかった。

本作ではマクレガーさんの甥のトーマスとウサギ達の壮絶なバトルが描かれる。トーマスを演じるのはスター・ウォーズでハックス将軍を演じたドーナル・グリーソン。この人、残念な男を演じるとハマりますね。

本作を見ようと思ったのは、Twitter上で話題になっていたから。


スポンサーリンク



なぜだか公式の宣伝だけだとイマイチ本作の魅力がピンと来ないんだよな。





ところで、トーマスはロンドンの百貨店 Harrodsの玩具部門に勤めている設定だけど、イギリスの玩具販売というとオイラは真っ先にHamleysを連想してしまう。リージェントストリート店は建物丸ごと玩具専門店だぞ。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラのサウンドトラック
『スターウォーズ フォースの覚醒』の最新予告編
ゴジラの音楽
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』を観てきた
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
書籍『伝わる イラスト思考』読了
ゴジラ三昧
夕刊ゴジラ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
ゴジラ トレーディングバトル
ゴジラ(2014)のメイキング
トランスフォーマー/リベンジ
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
映画『オデッセイ』を観てきた
PS4用ソフト『スター・ウォーズ バトルフロント』を購入
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
4Kニューマスター版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た
『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』を観た
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』を観てきた
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
マイケル・ベイの動画の感覚
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
映画『BRAVE STORM』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)

コメント