Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』

複数枚の2D画像から、カメラの3D姿勢情報と被写体の疎(sparse)な3D点群を推定するのがStructure from Motionという手法。そこで求めたカメラの姿勢、点群の情報を使ってさらに密(dense)な点群を求めるのがMulti-View Stereoという手法。
Structure from Motionのライブラリは結構色々あるみたいなんだけど、そこから密な点群を求めるMulti-View Stereoのライブラリはあんまり見かけないんだよね。(PMVSというツールは有名ですが)

このOpenMVS(Multi-View Stereo)は、名前の通り、密な点群を復元するMulti-View Stereoのアルゴリズムを実装したライブラリ。OpemMVS自体はAGPLライセンスだけど、依存しているサードパーティのライブラリが細々と沢山あり、それぞれのライセンスに従うのでこちらを参照。

OpenMVS

OpenMVS(Multi-View Stereo)は、コンピュータビジョン科学者、特にMulti-View Stereo reconstructionの分野を対象としたライブラリです。
Structure-from-Motionのパイプラインを実装した(OpenMVGなどの)オープンソースプロジェクトを使えば、入力画像セットからカメラの姿勢や疎な3次元点群を復元できますが、それだけではphotogrammetry chain-flowの最後のプロセスが欠けています。OpenMVSは、この最後のプロセス、再構築するシーンの完全なサーフェイスを復元するためのアルゴリズムを提供します。
OpenMVSへの入力はカメラの姿勢セットと疎な点群、OpenMVSからの出力はテクスチャ付きのMeshになります。
このプロジェクトの主な特長は以下の通りです。

  • 密な点群の復元:可能な限り完全・正確な点群を得るための復元
  • Meshの再構築:入力点群から高品質なMesh表面を推定するためのMesh再構築
  • Meshの分割:全てのディティールを復元するためのMesh分割
  • Meshのテクスチャリング:Meshを着色するためのシャープで正確なテクスチャ計算

詳細なドキュメントはWikiをご覧ください。


スポンサーリンク

このライブラリ、OpenMVGのドキュメントで紹介されていたのだ。


スポンサーリンク


OpenMVGのドキュメントによると、OpenMVGとOpenMVSの連携は比較的簡単にできるみたい。
ソースコードはGitHubにある。↓
https://github.com/cdcseacave/openMVS

ドキュメントはGitHub上のWikiに。↓
https://github.com/cdcseacave/openMVS/wiki

OpenMVGの出力結果をOpenMVSの入力に使う例も載ってる。↓

使い方

secene dense

追記:ドキュメントに従ってサンプルを動かしてみた↓


関連資料

Multi-View Stereoについては、毎度おなじみコンピュータビジョン最先端ガイド5と、コンピュータビジョン勉強会@関東の第28回の資料が参考になる。

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)





スポンサーリンク

関連記事

書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
立体視を試してみた
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
pythonもかじってみようかと
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityのAR FoundationでARKit 3
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Mayaのプラグイン開発
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
ニューラルネットワークと深層学習
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
ブログのデザイン変えました
Verilog HDL
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
HD画質の無駄遣い
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Unityの薄い本
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
HD画質の無駄遣い その2
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
自前のShaderがおかしい件
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
まだ続くブログの不調
MRenderUtil::raytrace
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Unreal Engineの薄い本
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Mayaのシェーディングノードの区分

コメント

  1. […] がとうございます。 NegativeMindさんありがとうございます。 NegativeMindException | Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』 NegativeMindException | 複数視点画像から3次元形状を復元するラ […]