ラクガキの立体化

これも黒歴史の1つかな。
大学生の頃、よく授業中にノートやプリントの隅っこにラクガキをしていた。歴史など人文系の科目の時が多かったな。
授業中に出てきた言葉の響きからイメージした怪人を描くというルール(?)。当時放送していた仮面ライダーの怪人をデザインしていた韮沢靖篠原保みたいなテイストを真似ようとしていた。

授業時間中なので、全身には至らず、顔だけで終わることが多かった。割と気に入ったのが描けたら、その後スキャンしてPhotoshopで整えたりしていた。

授業中に描いたラクガキをPhotoshopでシンメトリーにしたもの

授業中に描いたラクガキをPhotoshopでシンメトリーにしたもの




スポンサーリンク


何度か立体化しようと思ったことはあったけど、当時はこういう線の多い造形をMayaでモデリングするのが結構大変で、挫折してしまった。スカルピーもちょっと試したけど、不器用すぎて無理だった。真正面だけの画なので、立体としての矛盾が多いというのもある。矛盾に気づくのが遅くてリカバー不能だった。ツールの特性で、割と計画的に作らないとまとまらなかった。

そして時は流れ、今ならZBrushで手軽に立体化して遊べるかも、と思って挑戦。その途中経過。↓

だんだんドクロと兜の中間みたいな感じになってきた。

だんだんドクロと兜の中間みたいな感じになってきた。



たぶんこれぐらい中途半端な状態が一番夢が広がる。(笑)
やってみたら案の定、手グセでドクロっぽい感じになってきた。もう球体じゃなくてドクロのベースメッシュを用意しようかな。
最初はラクガキの概形をなぞるように作ろうとしてたんだけど、途中から骨を意識してた。(骨格なんて無いのに)
ラクガキしたころはオルフェノクっぽい生体鎧みたいなものをイメージしていたけど、立体化するとまた別のイメージが湧いてくる。ああ、こんな形だったんだ、っていう発掘みたいな気分。ジョジョのスタンドっぽくしても面白いかも。
粘土でもCGモデリングでも共通する個人的な癖があって、手を動かす時間よりも、形状を眺めたり、なぞっている時間の方が遥かに長かったりする。2Dの下絵はあくまで目安であって、設計図というほど厳密なものじゃない。っていうか厳密な絵が描けないんで、立体にしながらさらにイメージを膨らます。

タートルズに出てくるシュレッダーもこんなシルエットだったような…

タートルズに出てくるシュレッダーもこんなシルエットだったような…



ZBrushの操作に関しては、田島光二作品集の68〜75ページが非常に参考になった。後は根性だけだ。
フィーリングだけで作業できるDynaMesh機能は最高だな。角みたいな細長いパーツを上手く作る方法知りたいな。CurveMultiTubeとか?

以下、怪人デザインの参考図書(?)


スポンサーリンク

関連記事

書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
UnityのAR FoundationでARKit 3
Blenderでよく使うaddon
ほのぼの
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
三丁目ゴジラ
ゴジラのガレージキット組み立て動画
iPad ProとProcreateでラクガキ
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
注文してた本が届いた
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Mayaのシェーディングノードの区分
NICOGRAPHって有名?
参考書
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
顔のモデリング
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Web時代の教育方法
『ピクサー展』へ行ってきた
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ZBrushの作業環境を見直す
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
プログラムによる景観の自動生成
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
単純に遊びに行くのはだめなのか?
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
フルCGのウルトラマン!?
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント