ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス

今週でファーストクラスの続編も最終回を迎えた。

最初のファースト・クラスの頃から映像表現が独特で、それがハマるきっかけだったんだけど、雑誌の紙面レイアウト想起させる作りだったのかな。続編になってから、ビジュアル表現がさらに凝った感じになった印象。



オープニングとエンディング、そしてタイポグラフィーチックな登場人物の職業・名前表記がカッコ良かった。もちろん、心の声描写がキャッチーだったのもある。


スポンサーリンク



ちょっと考えたいのが、モーショングラフィックスというジャンル。映画やドラマのオープニング映像的なやつで、短い時間で世界観を表現するイメージ映像。CMやミュージックビデオもそうか。
実写映画のキャシャーンは全編イメージ映像みたいな感じだったけど。

一昔前なら、モーショングラフィックスは実写素材をAdobe After Effectsみたいなツールで加工したものがメインだっけど、今はフルCGでできているものも結構ある。

ネットで見られるかっこいいモーショングラフィックス
見ててキモチイイ…。空間を感じるモーショングラフィック7選

CG技術の高度化で、この手の映像の表現力も用途も随分広がった気がする。一昔前なら大作映画のメインタイトルでしかできなかったような凝った映像が、今はテレビドラマで見ることができる。
この、制作技術の高度化と用途の拡大具合を見ていると、そろそろ次のステージが現実的になってきているような気がする。

何が言いたいかというと、こういうモーショングラフィックス的な「リッチな表現」が、これからWebデザインにもどんどん取り入れられていくのではないか、ってこと。
今までのWebデザインは、どちらかというと2Dの印刷の「紙面レイアウト」のパラダイムを延長だったけど、それは単純に、昔のhtmlには印刷に近い程度の表現力しかなかったからだ。

それが今や、htmlはインタラクティブ、レスポンシブになり、印刷の表現力なんかとっくに超えたメディアとなった。

最近オイラは、データのビジュアライゼーションに興味があるんだけど、データビジュアライゼーションもモーショングラフィックスも、突き詰めていくと、可視化のルールをデザインするってことに落ち着きそう。

たぶん、モーショングラフィックスのクリエイター達が、データビジュアライゼーションを作品に取り込んでいくんじゃないかと思う。PerfumeのWebサイトなんてまさにそんな感じだ。

そんで、ここ最近データビジュアリゼーションの方で色々調べてみて、Data Visualization Japanというコミュニティを見つけたので、先日Data Visualization Japan meetup#2というものに行ってみた。


スポンサーリンク

Data Visualization Japan

データ・ビジュアライゼーションにまつわる実践的なノウハウやツールなどを共有していくコミュニティです。
日本におけるデータ・ビジュアライゼーション領域の発展に貢献できることを目指します。
定期的に勉強会やミートアップを開催していきます。
扱う領域は、データ収集と分析、デザイン(情報デザイン、UI)、エンジニアリング(D3.js, Angular.js, Python, R, NoSQLなど)、統計など広く扱います。




どうやら、データを扱う科学者やエンジニア、メディアの人達の間では色々な可視化ツールが結構出回っているらしい。

Datavisualization.ch

Screenshot of selection.datavisualization.ch


こういう時代を眺めつつ、クリエイターがデータを作品に利用するというコンテンツ制作の新たな潮流を、今後しばらくはUnityというツールが担いそうだなぁ、と何となく予想しているのです。


スポンサーリンク

関連記事

畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
タイミングとクオリティ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
html5のcanvasの可能性
Ambient Occlusionを解析的に求める
ポリ男をリファイン
ゴジラ(2014)のメイキング
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Mayaのプラグイン開発
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
3D復元技術の情報リンク集
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
顔のモデリング
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
2012のメイキングまとめ(途中)
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
SIGGRAPH Asia
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushの練習 手のモデリング
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushのUV MasterでUV展開
歯を食いしばって見るべき動画
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ガメラ生誕50周年
ミニ四駆で電子工作
この連休でZBrushの スキルアップを…
自前Shaderの件 解決しました

コメント