Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
参考になりそうなサイト
素敵なパーティクル
Maya API Reference
布地のシワの法則性
ZBrushのZScript入門
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrush 4R7
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
『ピクサー展』へ行ってきた
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
調べものは得意なのかもしれない
この本読むよ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
Blender 2.8がついに正式リリース!
SIGGRAPH Asia
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
立体視を試してみた
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
シン・ゴジラのファンアート
自分のスキルセット
デザインのリファイン再び
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
無料で使える人体3DCG作成ツール
3Dグラフィックスの入門書
2015年の振り返り
adskShaderSDK
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
ZBrushで基本となるブラシ
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た

コメント