Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

まだまだ続く空想科学読本
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Unreal Engineの薄い本
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Open Shading Language (OSL)
UnityでARKit2.0
操演という仕事
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
2015年10月21日
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
平成ガメラ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ラクガキの立体化 進捗
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
エアブラシの思い出
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ラクガキの立体化 反省
3Dグラフィックスの入門書
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
参考になりそうなサイト
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
この連休でZBrushの スキルアップを…
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
成果を待てない長学歴化の時代
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント