Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで手首のモデリングをリファイン
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
テスト
iPhone5S → iPhone6S
ラクガキの立体化 胴体の追加
MRenderUtil::raytrace
ゴジラの造形
情報の編集
Raytracing Wiki
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Mayaのシェーディングノードの区分
『さらば あぶない刑事』を観た
日本でMakersは普及するだろうか?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
顔モデリングのチュートリアル
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
マジョーラ
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
平成ガメラ
布地のシワの法則性
『社会人』を諦めました
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
読書は趣味か?
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ゴジラ トレーディングバトル
書籍『メモの魔力』読了
恐竜造形の指南書
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
遺伝子検査で自己分析
ゴジラ三昧

コメント