Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
動画配信ぐらい当たり前の時代
Oculus Goを購入!
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ゴジラムービースタジオツアー
2015年の振り返り
布地のシワの法則性
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ラクガキの立体化
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
この本読むよ
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ガメラ生誕50周年
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Subsurface scatteringの動画
アニゴジ関連情報
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
仮面ライダークウガ 20周年
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
操演という仕事
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Unityの薄い本
タマムシっぽい質感
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
粘土をこねるようなスカルプトモデリング

コメント