Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
キャリアの振り返り
ラクガキの立体化
ゴジラムービースタジオツアー
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
東日本大震災の記憶
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
タマムシっぽい質感
動画配信ぐらい当たり前の時代
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
Unreal Engineの薄い本
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
2012のメイキングまとめ(途中)
Physically Based Rendering
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ラクガキの立体化 モールドの追加
サンダーバード ARE GO
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ゴジラ三昧
Maya LTのQuick Rigを試す
色んな三面図があるサイト
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
顔のモデリング
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整

コメント