Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ゴジラ三昧
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
HD画質の無駄遣い
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ZBrush キャラクター&クリーチャー
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
Raytracing Wiki
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
素敵なパーティクル
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushで基本となるブラシ
UnityのGlobal Illumination
MRenderUtil::raytrace
ZBrushCore
マジョーラ
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
色んな三面図があるサイト
UnityでLight Shaftを表現する
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
MFnDataとMFnAttribute
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
3DCG Meetup #4に行ってきた
3DCGのモデルを立体化するサービス
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
アニゴジ関連情報
Houdiniのライセンスの種類
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス

コメント