Ambient Occlusionを解析的に求める

Twitterで解析的なAmbient Occlusionの話を見かけたので読んでみた。オイラ、修士論文はAmbient Occlusion系だったんだよね。




スポンサーリンク


解析的環境遮蔽

解析的に環境遮蔽を求めたい。

環境遮蔽(Ambient occlusion)を計算する場合、通常はモンテカルロ法を使った数値計算問題として解く。モンテカルロ法は解析解がとても複雑であったり、そもそも存在しないような場合であっても使えるためとても便利であるが、一方で標本の数が無限にならない限り真値に対する誤差は0にはならない。そもそも環境遮蔽の解析解が存在するならばモンテカルロ法を使う理由が弱くなる。いくつかの場合について解析解を求めてみる。


スポンサーリンク

モンテカルロ法の場合、サンプリングをかなり飽和させないとどうしてもノイズが目立ってしまうんだよね。
学生の頃、サンプリング方式に何となく嫌悪感を抱いた時期があって、泣きながらプログラムと修論書いてた。あの頃は「解析的」という言葉もよく知らなかったけど。

そういえば、Twitter上ではアンビエントオクルージョンちゃんというゆるキャラもいる。



ブログもあるよ↓
アンビエントオクルージョンちゃん コンピュータグラフィックスについて書きますっ


スポンサーリンク

関連記事

写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ゴジラ三昧
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
『社会人』を諦めました
ゴジラ トレーディングバトル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
日本でMakersは普及するだろうか?
機動武闘伝Gガンダム
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
BSDF (Bidirectional scattering distribution functi...
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
3Dグラフィックスの入門書
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unite 2014の動画
clearcoat Shader
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
サンダーバード ARE GO
ZBrushでカスタムUIを設定する
Unityの薄い本
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ラクガキの立体化 反省
Mayaのレンダリング アトリビュート
無能の作り方
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
無料で使える人体3DCG作成ツール
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
3D復元技術の情報リンク集
まだまだ続く空想科学読本
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
Photogrammetry (写真測量法)
素敵なパーティクル
adskShaderSDK

コメント