AfterEffectsプラグイン開発

学生の頃、After Effectsの簡単なエクスプレッションを書いたことがあったけど、プラグインまでは作ったこと無かった。当時は画像処理的なことがよくわからなかったというのが大かった。今はOpenCVをそれなりに使えるので、結構遊べそう。


スポンサーリンク


そんで、After Effectsの情報がまとまってる良いサイトを見つけた。

AEP Project

プラグインの作り方もチュートリアルが載ってる。
http://ae-users.com/jp/tutorials/2010/05/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC-2/
http://ae-users.com/jp/resources/2010/05/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC-3/
http://ae-users.com/jp/resources/2010/05/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC3/
http://ae-users.com/jp/resources/2010/05/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC-5/
http://ae-users.com/jp/resources/2010/06/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC-6/
http://ae-users.com/jp/resources/2010/06/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEaftereffects%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E5%85%A5%E9%96%80%E7%AC%AC-7/

After Effects HACK! 現場を乗り切る仕事術


スポンサーリンク
書籍『After Effects HACK! 現場を乗り切る仕事術』ダイジェストムービー


スポンサーリンク

関連記事

2012のメイキングまとめ(途中)
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
UnityでLight Shaftを表現する
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
機械学習について最近知った情報
タダでRenderManを体験する方法
機械学習手法『Random Forest』
html5のcanvasの可能性
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
CEDEC 3日目
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
HD画質の無駄遣い
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushで基本となるブラシ
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
コンピュータビジョンの技術マップ
布地のシワの法則性
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OANDAのfxTrade API
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ROMOハッカソンに行ってきた
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
統計的な顔モデル
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入

コメント