粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?


Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのレンダリング アトリビュート
adskShaderSDK
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushの作業環境を見直す
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ラクガキの立体化 反省
OpenCV
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
シン・ゴジラのファンアート
SIGGRAPH Asia
布のモデリング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Arduinoで人感センサーを使う
ZBrushCore
HD画質の無駄遣い その2
ZScript
ラクガキの立体化
3Dグラフィックスの入門書
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Subsurface scatteringの動画
clearcoat Shader
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
3D復元技術の情報リンク集
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ラクガキの立体化 モールドの追加
アニゴジ関連情報
Pix2Pix:CGANによる画像変換
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushトレーニング
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
CreativeCOW.net

コメント