粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?


Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
PythonでBlenderのAdd-on開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ガメラ生誕50周年
Unreal Engineの薄い本
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
UnityのuGUIチュートリアル
生物の骨格
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushトレーニング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
3DCGのモデルを立体化するサービス
ゴジラ三昧
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ポリ男をリファイン
WebGL開発に関する情報が充実してきている
立体視を試してみた
Ambient Occlusionを解析的に求める
CEDEC 3日目
ZBrushCore
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Photogrammetry (写真測量法)
ジュラシック・パークのメイキング
OpenMayaRender
UnityでARKit2.0
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント