粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?


Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
iPhone欲しいなぁ
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Vancouver Film Schoolのデモリール
CGのためのディープラーニング
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
布地のシワの法則性
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
BlenderのRigifyでリギング
UnityのGlobal Illumination
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
adskShaderSDK
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
インターフェイスは世界を規定する
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushのZScript入門
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ガメラ生誕50周年
Physically Based Rendering
ZBrush 4R7
Mayaのシェーディングノードの区分
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
この本読むよ

コメント