粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク

Sculpting in Virtual Reality – Oculus Rift DK2 + Razer Hydra

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。


スポンサーリンク

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?

Freeform App by Leap Motion™

Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
リニアアクチュエータ
Oculus Goを購入!
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Unityをレンダラとして活用する
Vancouver Film Schoolのデモリール
Maya 2015から標準搭載されたMILA
UnityでLight Shaftを表現する
Mayaのシェーディングノードの区分
シン・ゴジラのファンアート
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
3D復元技術の情報リンク集
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Paul Debevec
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
インターフェイスは世界を規定する
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
プログラムによる景観の自動生成
adskShaderSDK
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
UnityでARKit2.0
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
NICOGRAPHって有名?
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Raspberry Pi 2を買いました

コメント