粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク

Sculpting in Virtual Reality – Oculus Rift DK2 + Razer Hydra

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。


スポンサーリンク

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?

Freeform App by Leap Motion™

Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Maya API Reference
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
素敵なパーティクル
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
AfterEffectsプラグイン開発
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
日本でMakersは普及するだろうか?
無料で使える人体3DCG作成ツール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityのGlobal Illumination
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
adskShaderSDK
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Raspberry Pi 2を買いました
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrush 4R7
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
服飾デザインツール『CLO』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

コメント