粘土をこねるようなスカルプトモデリング

CG制作では結構前から、スカルプトモデリングが普及していたわけだけど、入力インターフェイスはペンタブレットだった。

最近はセンサーや表示デバイスなどのインターフェイスがだいぶ進化してきているから、そのうち本当の粘土みたいな操作感に変わっていくのかもね。
GIGAZINEでこれを見ると、あとは触覚だけなんじゃないかと思えてくる。現状は空を切ってる感じだから、慣れるのに時間がかかりそう。

3DCGを粘土のようにコネコネして作成できる「VRClay」


スポンサーリンク

Sculpting in Virtual Reality – Oculus Rift DK2 + Razer Hydra

ZBrushSculptrisがそうなってくれたら良いなぁ、とちょっと妄想。


スポンサーリンク

Leap Motionを使ったFreeFormってスカルプトアプリもあったりするけど、今も配布してるのかな?

Freeform App by Leap Motion™

Designing the Leap Motion Sculpting App


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry PiでIoTごっこ
Unityをレンダラとして活用する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
タマムシっぽい質感
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
OpenCV
ZBrush キャラクター&クリーチャー
CGのためのディープラーニング
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでカスタムUIを設定する
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
CEDEC 3日目
立体視を試してみた
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Arduinoで人感センサーを使う
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushトレーニング
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ラクガキの立体化 胴体の追加
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Unityの薄い本
ZBrush 4R8 リリース!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushのZScript入門
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏

コメント