ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装

まただいぶ時間が空いたけど、前回の続きで、酒井ゆうじ造型工房の20cm ゴジラ 2000ミレニアムの塗装の話。



酒井さんのゴジラ2000の雛形バージョンが量産フィギュア化されている恐ろしい時代ですが、今オイラが組み立ててるのは映画に出てきた着ぐるみを再現したキットです。




スポンサーリンク


映画自体があんまりヒットしてないからなのか、映画に登場した着ぐるみのビジュアルがあんまり出回ってない気がする。


スポンサーリンク
【公式】「ゴジラ2000 ミレニアム」予告 宇宙怪獣オルガとの死闘を描いたゴジラシリーズの第23作目。

さてさて、前回までで、全体にベース塗装でフラットブラックを吹いているので、その上からMr.カラーの暗緑色(三菱系)をざっと吹いて明暗を付ける。明るくなるところに暗緑色が載って、陰になる部分はベースのフラットブラックが残るように。

ミレゴジ_ベース緑

次は最難関の目を塗る。キット付属の説明書では、レジンの地色を活かした塗り方を推奨している。

酒井さんのキットは説明書に組立方・塗り方も載っている。

酒井さんのキットは説明書に組立方・塗り方も載っている。



説明書にならって、レジンの地色を活かした塗り方で行くことにする。
まず、Mr.カラー専用 真・溶媒液を使って目の部分の塗料とサーフェイサーを溶かして落とす。これは普通のうすめ液よりも強力な溶剤で、乾いて固まった塗料も簡単に解かせるので便利。ただし、プラモデルとかだと、プラスチックも溶けてしまうので注意。



普段から、墨入れとかウォッシングでは、塗料を拭き取るのに綿棒を使ってるんだけど、目みたいに細かい部分の作業は、ちょっと特別な綿棒を使う。今回オイラが使ったのはタミヤのクラフト綿棒(三角・XSサイズ) でタミヤで一番細いサイズの麺棒。



これでちょこちょこと眼の部分の塗料を拭き取り、レジンの地の色を露出させる。

ちょこちょこと目の部分の塗料を溶かして拭き取る

ちょこちょこと目の部分の塗料を溶かして拭き取る



そこにMr.カラークリアーイエローを載せる。不器用なので、この作業は面相筆じゃなくて綿棒を使った。溶剤少な目にしてポタッと塗料を乗せるように塗ると割と上手くいく。

綿棒でクリアーイエローを乗せる

綿棒でクリアーイエローを乗せる



クリアーイエロー乾いたら、その上にMr.カラークリアーオレンジを、同じように綿棒で塗る。

クリアーオレンジを塗る

クリアーオレンジを塗る



クリアーオレンジが乾いたら、その上からタミヤ水性アクリルのブラウンを塗る。水性アクリルにしたのは、失敗してもやり直せるようにしたいから。
このあたりでもう下あごも接着して、溶きパテで馴染ませる作業もしてしまう。

ミレゴジ_口接着

溶きパテが乾いたらフラットブラックを塗る。後で暗緑色でドライブラシする予定。

まぶたに目の色がはみ出してるけど、リカバーできるので今は気にしない。

まぶたに目の色がはみ出してるけど、リカバーできるので今は気にしない。



実は目の塗り方、説明書ではそれぞれ重ねる色の境界をぼかすって書いてあるんだけど、オイラの技量では上手くいかないので別の手段を使った。
つや出しクリアーの代わりに、エナメル塗料のスモークを溶剤大めで溶いて目をコーティングした。スモークが入っていい感じにボケて見えないかと。

全体の雰囲気は良い感じな気がする

全体の雰囲気は良い感じな気がする



そして、爪の部分の塗料も同じように溶媒で溶かして、レジンの地色を露出させる。この作業、結構しんどい。最初からある程度マスキングしておけば良かった。
レジンキット組んだこと無かった頃は、このやり方が結構憧れだったんだけど、いざやってみると結構安っぽく見える。ちゃんとクリアー系の色で変化をつけないとダメっぽい。

レジンの地色を活かした爪は憧れの塗装方法。

レジンの地色を活かした爪は憧れの塗装方法。



さあ、残す作業もだいぶ減って、爪と身体全体のドライブラシ、背びれのメタリックレッド塗装ぐらいかな。

追記:制作記事まとめページを作った↓
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ2000ミレニアム
大学院生の頃に購入したキット。1999年公開の「ゴジラ 2000 ミレニアム」に登場するゴジラを再現した20cmサイズの酒井ゆうじ造型工房のレジンキット。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラ トレーディングバトル
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
日本でMakersは普及するだろうか?
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
GMKゴジラ完成!
映像ビジネスの未来
恐竜造形の指南書
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
顔モデリングのチュートリアル
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!

コメント