ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』

pylearn2はこのスライドで紹介されていたライブラリ。↓



Linuxでのインストール手順はQiitaのこの記事が詳しい。↓
http://qiita.com/mizuki0420@github/items/3f9c97b32e8d6e37abad

けど、オイラはWindowsでやってやるんだ。


スポンサーリンク


インストールは結構めんどくさくて、ソースコードはGitから落とし、setup.pyはbuild, installではなくdevelopオプションを使う。
Windows環境でのインストールには、他の依存ライブラリとしてnumpy, scipy, setuptools, matplotlib, dateutil, pyparsing, sixが必要。

ここの記事が詳しかった。↓
http://mikemoke.hatenablog.com/entry/2014/03/02/210439

この記事だとTheanoを別途インストールしてるみたいだけど、何かpylearn2に入ってるっぽいんだよな。動かしたらエラーが出るのかな。警告は出てるけど。


スポンサーリンク

WARNING (theano.configdefaults): g++ not detected ! Theano will be unable to execute optimized C-implementations (for both CPU and GPU) and will default to Python implementations. Performance will be severely degraded



7/18追記:





スポンサーリンク

関連記事

Iterator
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
サンプルコードにも間違いはある?
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
スクレイピング
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
機械学習について最近知った情報
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
UnityでLight Shaftを表現する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
HD画質の無駄遣い
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
機械学習で遊ぶ
ディープラーニング
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
マルコフ連鎖モンテカルロ法
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
定数
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
手を動かしながら学ぶデータマイニング
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
html5のcanvasの可能性
UnityのAR FoundationでARKit 3
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Quartus II
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenGVの用語
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法

コメント