ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』

pylearn2はこのスライドで紹介されていたライブラリ。↓



Linuxでのインストール手順はQiitaのこの記事が詳しい。↓
http://qiita.com/mizuki0420@github/items/3f9c97b32e8d6e37abad

けど、オイラはWindowsでやってやるんだ。


スポンサーリンク


インストールは結構めんどくさくて、ソースコードはGitから落とし、setup.pyはbuild, installではなくdevelopオプションを使う。
Windows環境でのインストールには、他の依存ライブラリとしてnumpy, scipy, setuptools, matplotlib, dateutil, pyparsing, sixが必要。

ここの記事が詳しかった。↓
http://mikemoke.hatenablog.com/entry/2014/03/02/210439

この記事だとTheanoを別途インストールしてるみたいだけど、何かpylearn2に入ってるっぽいんだよな。動かしたらエラーが出るのかな。警告は出てるけど。


スポンサーリンク

WARNING (theano.configdefaults): g++ not detected ! Theano will be unable to execute optimized C-implementations (for both CPU and GPU) and will default to Python implementations. Performance will be severely degraded



7/18追記:





スポンサーリンク

関連記事

Mean Stack開発の最初の一歩
HerokuでMEAN stack
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
今年もSSII
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Unityの薄い本
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityでLight Shaftを表現する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
このブログのデザインに飽きてきた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
動的なメモリの扱い
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenGVのライブラリ構成
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
全脳アーキテクチャ勉強会
続・ディープラーニングの資料
OpenGVの用語
機械学習手法『Random Forest』
まだ続くブログの不調
WinSCP
Python2とPython3
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Quartus II

コメント