画像認識による位置情報取得 – Semi-Direct Monocular Visual Odometry (SVO)

今日たまたまTwitterのTLで見かけたやつ。
単眼のカメラ映像からリアルタイムに位置情報を取得している。



論文はこちら
そして、GitHubにROSで動作するソースコードが公開されている。
http://paropon.hatenablog.com/entry/2015/01/17/221305


スポンサーリンク


論文を読んだ人のツイート。↓


スポンサーリンク



世の中スゲェ人だらけだなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCV
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Paul Debevec
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
機械学習手法『Random Forest』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVで動画の手ぶれ補正
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
UnityでPoint Cloudを表示する方法
統計的な顔モデル
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
ディープラーニング
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
AfterEffectsプラグイン開発
ニューラルネットワークと深層学習
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』

コメント

  1. […] 画像認識による位置情報取得 ? Semi-Direct Monocular Visual Odometry (SVO) […]