ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

Photogrammetry (写真測量法)
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
MeshroomでPhotogrammetry
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
コンピュータビジョンの技術マップ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
AfterEffectsプラグイン開発
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ミニ四駆で電子工作
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
機械学習について最近知った情報
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Adobe MAX 2015
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
インターフェイスは世界を規定する
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
OpenCV
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
CGのためのディープラーニング
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
UnityでOpenCVを使うには?
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
konashiのサンプルコードを動かしてみた
続・ディープラーニングの資料
服飾デザインツール『CLO』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ

コメント