ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
機械学習手法『Random Forest』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
インターフェイスは世界を規定する
Active Appearance Models(AAM)
Photogrammetry (写真測量法)
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
ニューラルネットワークと深層学習
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Pix2Pix:CGANによる画像変換
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCV バージョン4がリリースされた!
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ニューラルネットワークで画像分類
3D復元技術の情報リンク集
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
MeshroomでPhotogrammetry
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ミニ四駆で電子工作
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
OpenGVの用語
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Arduinoで人感センサーを使う
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

コメント