ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenGVのライブラリ構成
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
3DCG Meetup #4に行ってきた
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
MeshroomでPhotogrammetry
GoogleのDeep Learning論文
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Kinect for Windows v2の日本価格決定
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
続・ディープラーニングの資料
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
海外ドラマのChromaKey
Active Appearance Models(AAM)
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
CGのためのディープラーニング
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
機械学習について最近知った情報
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Unityからkonashiをコントロールする
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ

コメント