ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
konashiのサンプルコードを動かしてみた
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Adobe MAX 2015
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
UnityでLight Shaftを表現する
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
Unityからkonashiをコントロールする
機械学習について最近知った情報
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ミニ四駆で電子工作
PCA (主成分分析)
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
顔画像処理技術の過去の研究
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
AfterEffectsプラグイン開発
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント