ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

コンピュータビジョンの技術マップ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
統計的な顔モデル
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
海外ドラマのChromaKey
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenGVの用語
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
ニューラルネットワークと深層学習
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
シフトカーを改造してラジコン化する人達
リニアアクチュエータ
UnityのuGUIチュートリアル

コメント