ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Raspberry Pi 2を買いました
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Adobe MAX 2015
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Raspberry PiでIoTごっこ
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
東京オリンピックと案内表示
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVで動画の手振れ補正
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenGVのライブラリ構成
OpenCV バージョン4がリリースされた!
リニアアクチュエータ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Paul Debevec
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
PCA (主成分分析)
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化

コメント