ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ニューラルネットワークと深層学習
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・メッシュを扱うライブラリ
OpenGVの用語
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Active Appearance Models(AAM)
GoogleのDeep Learning論文
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
NeRF (Neural Radiance Fields):機械学習による未知視点合成
Raspberry Pi 2を買いました
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Konashiを買った
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
UnityでOpenCVを使うには?
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
3DCG Meetup #4に行ってきた
UnityでLight Shaftを表現する
ベイズ推定とグラフィカルモデル
海外ドラマのChromaKey

コメント