ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV バージョン4がリリースされた!
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ディープラーニング
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenGVのライブラリ構成
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Photogrammetry (写真測量法)
3DCG Meetup #4に行ってきた
Paul Debevec
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Raspberry PiでIoTごっこ
Konashiを買った
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
CGのためのディープラーニング
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
インターフェイスは世界を規定する
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
UnityでLight Shaftを表現する
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
UnityのTransformクラスについて調べてみた

コメント