ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
機械学習について最近知った情報
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenGVの用語
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Raspberry Pi 2を買いました
Raspberry PiでIoTごっこ
Arduinoで人感センサーを使う
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
CGのためのディープラーニング
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
海外ドラマのChromaKey
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCV
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

コメント