ポイントクラウドコンソーシアム

ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)というものが発足したらしい。

学生の頃はポイントクラウドと言ったら、ピクサーがグローバルイルミネーションの近似で使っている手法ぐらいしか連想できなかった。
コンピュータビジョンの世界では結構昔から使われてきていたらしい。昔は高価なセンサーでなければ取得できなかったが、今ではKinectで手軽に現実空間の点群が取得できてしまう。OpenCVと同じく、Point Cloud Libraryに触ったのも会社員になってからだったが、個人的には2Dの画像を扱うよりも3Dの点群の方が直観的で馴染みやすかった。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最近はKinectのおかげで点群を使った研究がCV, CG共に盛んな印象。
Kinectで撮った3D点群をリアルタイムでモバイルへ転送するデモを見ると、レイヤ姫的な立体映像を連想してしまう。
Point Cloud Streaming to Mobile Devices with Real-time Visualization

このデモに関しては、送信側のサンプルコードが公開されていて、受信側のアプリはオープンソースプロジェクトのKiwiViewerというやつなので、真似しようと思えばできたりする。(途中までやろうとして力尽きた)

【告知】3D点群処理のビジネス活用を推進する「ポイントクラウドコンソーシアム(PCC)」が発足しました


スポンサーリンク

関連記事

読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
UnityのuGUIチュートリアル
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Active Appearance Models(AAM)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
GoogleのDeep Learning論文
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ミニ四駆で電子工作
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
OpenGVのライブラリ構成
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenCV
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Raspberry Pi 2を買いました
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Photogrammetry (写真測量法)
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
機械学習手法『Random Forest』

コメント