Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール

Autodesk Maya 2009が届いたんで、Windows Server 2008にインストールしてみた。64bitのOSなのでMayaも64bit版をインストール。


スポンサーリンク

そんで、「RemoteAppでMayaを使っちゃうぜ」と思ったんだけど、RemoteAppではアクティベート出来ないみたい。(そもそもリモートデスクトップでも無理だった)

どうやらクライアントの数だけライセンスが必要な模様。

さて、次はVNCを試すか。


スポンサーリンク

関連記事

Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushでカスタムUIを設定する
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
色んな三面図があるサイト
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushの作業環境を見直す
フルCGのウルトラマン!?
テスト
UnityのGlobal Illumination
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
PolyPaint
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Mayaのプラグイン開発
天体写真の3D動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Stanford Bunny
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
立体視を試してみた
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
MRenderUtil::raytrace
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
プログラムによる景観の自動生成
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み

コメント