Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール

Autodesk Maya 2009が届いたんで、Windows Server 2008にインストールしてみた。64bitのOSなのでMayaも64bit版をインストール。


スポンサーリンク

そんで、「RemoteAppでMayaを使っちゃうぜ」と思ったんだけど、RemoteAppではアクティベート出来ないみたい。(そもそもリモートデスクトップでも無理だった)

どうやらクライアントの数だけライセンスが必要な模様。

さて、次はVNCを試すか。


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
プログラムによる景観の自動生成
デザインのリファイン再び
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
海外ドラマのChromaKey
ファンの力
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
マジョーラ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
windows server 2008ターミナルサービスのRemoteAppを使ってみる
ジュラシック・パークのメイキング
参考書
NICOGRAPHって有名?
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ガメラ生誕50周年
Maya 2015から標準搭載されたMILA
無料で使える人体3DCG作成ツール
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushのUV MasterでUV展開
Mayaのポリゴン分割ツールの進化

コメント