Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール

Autodesk Maya 2009が届いたんで、Windows Server 2008にインストールしてみた。64bitのOSなのでMayaも64bit版をインストール。


スポンサーリンク

そんで、「RemoteAppでMayaを使っちゃうぜ」と思ったんだけど、RemoteAppではアクティベート出来ないみたい。(そもそもリモートデスクトップでも無理だった)

どうやらクライアントの数だけライセンスが必要な模様。

さて、次はVNCを試すか。


スポンサーリンク

関連記事

3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Paul Debevec
顔のモデリング
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrushで基本となるブラシ
windows server 2008のターミナルサービス
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
なんかすごいサイト
色んな三面図があるサイト
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Ambient Occlusionを解析的に求める
服飾デザインツール『CLO』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
この本読むよ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
SIGGRAPH Asia
Unreal Engineの薄い本
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ZBrushのUV MasterでUV展開
ラクガキの立体化 反省
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Blenderでよく使うaddon
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ZBrushでカスタムUIを設定する

コメント