ガレージキットの「やり過ぎ」の精神

特撮もののフィギュアとか、模型作りとかをマニアックに突き詰めていった結果、ガレージキットという存在を知ることとなった。ガレージキットの存在を知ったことで「新しいものはガレージから生まれる」的なアメリカンな文化を知ったのだった。
ジャンルがマニアックかどうかは別として、何かをカタチにするには「やり過ぎの精神」ってのが必要なことはあると思う。アメリカンなやり過ぎ精神がイノベーションを生んでいるんじゃないかと、割と本気で思っている。


スポンサーリンク

多少の無茶がなければ飛躍もない、と理想を語るのは簡単だけど、現実的な問題がいくつかある。プロジェクトとしてチームで「やり過ぎる」のはすごく難しい。それは、仕事に限らず、趣味のサークルでも、学校の文化祭みたいなのでも基本的に同じ。1人でやる分にはいくらでもやり過ぎて良いと思うんだけど、チームで動かなきゃいけない時は温度差に注意しないといけない。
オイラはイマイチ程度というものが分からなくて、周りとの温度差がどんどん開いていくことが多かった。何というか、ドン引きされてしまう。ゴールイメージを上手く他人と共有できないって問題と、そもそもそのゴールに共感されないっていう根本的な問題があるという自覚はある。自覚したのはここ最近だけど。色々あって、自分の性格として、執着心が強すぎるってのを自覚し始めた。まあ、だからオタクなんだと思うけど。妄想、理想に全エネルギーを投入しようとしてしまう。
東急ハンズみたいなお店って「やり過ぎさん」のためにあると勝手に思っている。そういう点では画材店とかも好き。秋葉原もそうかもね。
何というか、オイラはやり過ぎる皆さんの味方です。(何が言いたかったんだ)

なかなか完成しないゴジラのガレージキット

なかなか完成しないゴジラのガレージキット


スポンサーリンク

関連記事

ファンの力
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
ゴジラ三昧
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 仮組み
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
日本でMakersは普及するだろうか?
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
映像ビジネスの未来
Mr.ビーン
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
2016年 観に行った映画振り返り
ゴジラのプラモデルの組立動画
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
HerokuでMEAN stack
シフトカーを改造してラジコン化する人達
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
ゴジラのガレージキット組み立て動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
GMKゴジラの口接着
ミニ四駆のラジコン化情報
感じたことを言語化する
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
かっこいい大人にはなれなかったけど
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り

コメント