ガレージキットの「やり過ぎ」の精神

特撮もののフィギュアとか、模型作りとかをマニアックに突き詰めていった結果、ガレージキットという存在を知ることとなった。ガレージキットの存在を知ったことで「新しいものはガレージから生まれる」的なアメリカンな文化を知ったのだった。
ジャンルがマニアックかどうかは別として、何かをカタチにするには「やり過ぎの精神」ってのが必要なことはあると思う。アメリカンなやり過ぎ精神がイノベーションを生んでいるんじゃないかと、割と本気で思っている。


スポンサーリンク

多少の無茶がなければ飛躍もない、と理想を語るのは簡単だけど、現実的な問題がいくつかある。プロジェクトとしてチームで「やり過ぎる」のはすごく難しい。それは、仕事に限らず、趣味のサークルでも、学校の文化祭みたいなのでも基本的に同じ。1人でやる分にはいくらでもやり過ぎて良いと思うんだけど、チームで動かなきゃいけない時は温度差に注意しないといけない。
オイラはイマイチ程度というものが分からなくて、周りとの温度差がどんどん開いていくことが多かった。何というか、ドン引きされてしまう。ゴールイメージを上手く他人と共有できないって問題と、そもそもそのゴールに共感されないっていう根本的な問題があるという自覚はある。自覚したのはここ最近だけど。色々あって、自分の性格として、執着心が強すぎるってのを自覚し始めた。まあ、だからオタクなんだと思うけど。妄想、理想に全エネルギーを投入しようとしてしまう。
東急ハンズみたいなお店って「やり過ぎさん」のためにあると勝手に思っている。そういう点では画材店とかも好き。秋葉原もそうかもね。
何というか、オイラはやり過ぎる皆さんの味方です。(何が言いたかったんだ)

なかなか完成しないゴジラのガレージキット

なかなか完成しないゴジラのガレージキット


スポンサーリンク

関連記事

『社会人』を諦めました
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
ゴジラのガレージキットの塗装
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
ジュラシック・パークのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
今年も怪獣大進撃
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
シン・ゴジラのファンアート
2016年 観に行った映画振り返り
2019年 観に行った映画振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
顔モデリングのチュートリアル
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
iPhone5S → iPhone6S
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
デザインのリファイン再び
ゴジラ三昧
かっこいい大人にはなれなかったけど
成果を待てない長学歴化の時代
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装

コメント