ガレージキットの「やり過ぎ」の精神

特撮もののフィギュアとか、模型作りとかをマニアックに突き詰めていった結果、ガレージキットという存在を知ることとなった。ガレージキットの存在を知ったことで「新しいものはガレージから生まれる」的なアメリカンな文化を知ったのだった。
ジャンルがマニアックかどうかは別として、何かをカタチにするには「やり過ぎの精神」ってのが必要なことはあると思う。アメリカンなやり過ぎ精神がイノベーションを生んでいるんじゃないかと、割と本気で思っている。


スポンサーリンク

多少の無茶がなければ飛躍もない、と理想を語るのは簡単だけど、現実的な問題がいくつかある。プロジェクトとしてチームで「やり過ぎる」のはすごく難しい。それは、仕事に限らず、趣味のサークルでも、学校の文化祭みたいなのでも基本的に同じ。1人でやる分にはいくらでもやり過ぎて良いと思うんだけど、チームで動かなきゃいけない時は温度差に注意しないといけない。
オイラはイマイチ程度というものが分からなくて、周りとの温度差がどんどん開いていくことが多かった。何というか、ドン引きされてしまう。ゴールイメージを上手く他人と共有できないって問題と、そもそもそのゴールに共感されないっていう根本的な問題があるという自覚はある。自覚したのはここ最近だけど。色々あって、自分の性格として、執着心が強すぎるってのを自覚し始めた。まあ、だからオタクなんだと思うけど。妄想、理想に全エネルギーを投入しようとしてしまう。
東急ハンズみたいなお店って「やり過ぎさん」のためにあると勝手に思っている。そういう点では画材店とかも好き。秋葉原もそうかもね。
何というか、オイラはやり過ぎる皆さんの味方です。(何が言いたかったんだ)

なかなか完成しないゴジラのガレージキット

なかなか完成しないゴジラのガレージキット


スポンサーリンク

関連記事

今年も怪獣大進撃
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
2015年10月21日
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
書籍『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』読了
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
Ambient Occlusionを解析的に求める
企画とエンジニア 時間感覚の違い
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
『さらば あぶない刑事』を観た
シフトカーを改造する人達
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
ゴジラのガレージキットの塗装
シン・ゴジラのファンアート
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
書籍『天才を殺す凡人』読了
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
生物の骨格
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3

コメント