リメイク版ロボコップスーツのメイキング

映画の造形のメイキングに当たり前のようにZBrushやMayaが出てくる時代か。
光造形の3Dプリンターが活躍しているわけね。



ロボコップ ブルーレイ版スチールブック仕様 (4,000セット数量限定生産) [Blu-ray]

そういや、最近新しいZBrush本が出たね。

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

洋書の訳本と違って、本当に基本機能の解説に的を絞っているみたい。
ツール操作の全体像を掴むには良い構成かもね。


スポンサーリンク

関連記事

Maya 2015から標準搭載されたMILA
TVML (TV program Making language)
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
シフトカーの改造
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ゴジラのガレージキット組み立て動画
自前のShaderがおかしい件
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
3DCGのモデルを立体化するサービス
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
プログラムによる景観の自動生成
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushの作業環境を見直す
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
ラクガキの立体化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パール・キャンディ塗装
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ミニ四駆ブーム?

コメント