リメイク版ロボコップスーツのメイキング

映画の造形のメイキングに当たり前のようにZBrushMayaが出てくる時代か。
光造形の3Dプリンターが活躍しているわけね。

ロボコップ ブルーレイ版スチールブック仕様 (4,000セット数量限定生産) [Blu-ray]

そういや、最近新しいZBrush本が出たね。
はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

洋書の訳本と違って、本当に基本機能の解説に的を絞っているみたい。
ツール操作の全体像を掴むには良い構成かもね。


スポンサーリンク

関連記事