フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

ファイバー束
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
Maya API Reference
自前Shaderの件 解決しました
ラクガキの立体化 反省
クラスの基本
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
オーバーロードとオーバーライド
prosper
顔モデリングのチュートリアル
Mayaのプラグイン開発
ZBrushの練習 手のモデリング
Machine Debug Manager
UnityでARKit2.0
Raytracing Wiki
MRenderUtil::raytrace
ZBrush 4R7
動的なメモリの扱い
Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
雷情報専門サイト『雷Ch』
C++の抽象クラス
DLL(Dynamic Link Library)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrush 2018での作業環境を整える
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
シン・ゴジラのファンアート
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』

コメント