フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

CGのためのディープラーニング
テンソル
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
3DCG Meetup #4に行ってきた
社団法人 映像情報メディア学会
ZBrush 4R7
ZBrushトレーニング
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
人材輩出企業
立体視を試してみた
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
PolyPaint
SIGGRAPH Asia
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
Oculus Goを購入!
ZBrush 2018での作業環境を整える
『ピクサー展』へ行ってきた
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
色んな三面図があるサイト
Virtual Network Computing
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Processing
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
windowsのエクスプローラでRAW画像のサムネイルを表示するソフト『FastPictureVie...
フルCGのウルトラマン!?
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ラクガキの立体化 目標設定
Ambient Occlusionを解析的に求める
定数
C++の抽象クラス
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント