フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
kotobankを使ってみた
色んな三面図があるサイト
胡蝶蘭の原種
windows server 2008のターミナルサービス
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
iPadをWindows PCのサブディスプレイにする無料アプリ『DisplayLink』
3D復元技術の情報リンク集
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
UnityのGlobal Illumination
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
最小二乗法
Boost オープンソースライブラリ
IIS
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
甲虫の色とか
ラクガキの立体化
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
タダでRenderManを体験する方法
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
Unityをレンダラとして活用する
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
HD画質の無駄遣い
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Quartus II
リクナビを使わない就職活動
Oculus Goを購入!
ラクガキの立体化 モールドの追加
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
テスト
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
represent
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン

コメント