フォトンの放射から格納までを可視化した動画



こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。


スポンサーリンク
  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
Physically Based Rendering
Maya API Reference
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
なんかすごいサイト
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
PythonでBlenderのAdd-on開発
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
布地のシワの法則性
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Unityで学ぶC#
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ZBrushトレーニング
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
Iterator
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
CGのためのディープラーニング
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ニューラルネットワークで画像分類
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw