フォトンの放射から格納までを可視化した動画

こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。

  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら


スポンサーリンク

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

Virtual Network Computing
UnityのGlobal Illumination
OpenCVで動画の手振れ補正
ZBrushで基本となるブラシ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
ブログが1日ダウンしてました
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Unityで学ぶC#
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
PlanetMath
Amazon Web ServicesでWordPress
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Unityからkonashiをコントロールする
機械学習手法『Random Forest』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
3DCGのモデルを立体化するサービス
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenMayaRender
ZBrushでカスタムUIを設定する
参考になりそうなサイト
Microsoft Silverlight
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw