フォトンの放射から格納までを可視化した動画



こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。


スポンサーリンク
  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 胴体の追加
単純に遊びに行くのはだめなのか?
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
生物の骨格
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
AfterEffectsプラグイン開発
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
WordPress on Windows Azure
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
UnityのGlobal Illumination
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
TVML (TV program Making language)
MeshroomでPhotogrammetry
布地のシワの法則性
ディープラーニング
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
HerokuでMEAN stack
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
この本読むよ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
マジョーラ
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
タマムシっぽい質感
3D復元技術の情報リンク集
Raspberry PiでIoTごっこ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw