フォトンの放射から格納までを可視化した動画

こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。

  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら


スポンサーリンク

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

リクナビを使わない就職活動
ZBrushの作業環境を見直す
甲虫の色とか
Processing
無料で使える人体3DCG作成ツール
HD画質の無駄遣い
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Raspberry Pi
C++始めようと思うんだ
ブログが1日ダウンしてました
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
参考書
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
社団法人 映像情報メディア学会
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
CreativeCOW.net
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Quartus II
ZigBee
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Managing Software Requirements: A Unified Approach
最小二乗法
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
3DCGのモデルを立体化するサービス
注文してた本が届いた
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
CGのためのディープラーニング
ブログのデザイン変えました
WordPressプラグインの作り方
テンソル
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
『Follow Finder』 (Google Labs)

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw