フォトンの放射から格納までを可視化した動画



こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。


スポンサーリンク
  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

WinSCP
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
MRenderUtil::raytrace
Vancouver Film Schoolのデモリール
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
CGのためのディープラーニング
クラスの基本
仮想関数
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
TVML (TV program Making language)
C++始めようと思うんだ
BlenderのRigifyでリギング
このブログのデザインに飽きてきた
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
SVM (Support Vector Machine)
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Unreal Engineの薄い本
ZBrush 2018での作業環境を整える
Raspberry Pi 2を買いました
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
生物の骨格
Verilog HDL
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ラクガキの立体化 反省
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushトレーニング

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw