フォトンの放射から格納までを可視化した動画

こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。

  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら


スポンサーリンク

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

Googleの3Dウェブ・プラグインO3D
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
UnityでARKit2.0
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrushのお勉強
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
『Follow Finder』 (Google Labs)
人材輩出企業
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Unityの薄い本
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
clearcoat Shader
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
シン・ゴジラのファンアート
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Ambient Occlusionを解析的に求める
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ブログが1日ダウンしてました
続・ディープラーニングの資料
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
定数
html5のcanvasの可能性
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
CGのためのディープラーニング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Processing
2012のメイキングまとめ(途中)
ZigBee
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw