フォトンの放射から格納までを可視化した動画



こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。


スポンサーリンク
  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

布のモデリング
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
TVML (TV program Making language)
ZBrushCore
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
参考書
タダでRenderManを体験する方法
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
CEDEC 3日目
Konashiを買った
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrush 4R8 リリース!
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unityをレンダラとして活用する
海外ドラマのChromaKey
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ブログの復旧が難航してた話
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
ブログのデザイン変えました
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushの練習 手のモデリング
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
フルCGのウルトラマン!?
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrush 4R7
スクレイピング
オープンソースの取引プラットフォーム
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
3DCGのモデルを立体化するサービス
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw