フォトンの放射から格納までを可視化した動画



こういうの、今までありそうで無かった。
光源からフォトンを放射して、フォトンが格納されるまでを可視化した動画。一粒を追っていくとロシアンルーレットな感じは多少わかるかも(?)
以下、作者のブログから引用。


スポンサーリンク
  • Global illumination via Photon Mapping
  • 128 lines of 79-column (or less) open source C++ code
  • Point light source
  • Specular, Diffuse, and Glass BRDFs
  • Ray-sphere intersection
  • Modified Cornell box scene description contains LSDSE path
  • Cosine importance sampling of the hemisphere for diffuse reflection
  • Russian roulette for path termination
  • Russian roulette and splitting for selecting reflection and/or refraction for glass BRDF
  • Quasi Monte Carlo sampling using Halton sequence
  • Antialiasing via 2×2 super-sampling
  • Using kd-tree for radiance estimation

ソースコードはこちら

GI的アプローチを見てると、BRDFの精度とかホント微々たるものに思えてくるよ。多くの場合、画の出来を左右するのがサンプリングの質なんだもん。
ところで、未だに自分の中でkd-treeがピンと来てない件。

フォトンマッピング―実写に迫るコンピュータグラフィックス


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushの練習 手のモデリング
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
UnityでOpenCVを使うには?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ラクガキの立体化 目標設定
HD画質の無駄遣い
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
この連休でZBrushの スキルアップを…
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
OpenGVのライブラリ構成
Unite 2014の動画
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenGVの用語
ファンの力
TVML (TV program Making language)
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
顔モデリングのチュートリアル
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
プログラムによる景観の自動生成
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
仮想関数
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ブログのデザイン変えました
タマムシっぽい質感
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
HerokuでMEAN stack
トランスフォーマーロストエイジのメイキング

コメント

  1. mokehehe より:

    YouTubeにもアップしました!

    元はといえば、YouTubeの動画


    を見て、実際にフォトンマッピングを可視化してみようと思ったのでしたw