Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

最近は、大きなタッチディスプレイを使ったインスタレーションやインタラクティブサイネージが増えてるから、タッチ入力による各種ジェスチャーを簡単に扱えるかなりライブラリはかなり需要があるんじゃないだろうか。

このTouchScriptという無料Assetは、iOSデバイス風のジェスチャ入力を良い感じに振り分けて簡単なイベント処理で受け取れるようにしてくれるライブラリ。↓

TouchScript

TouchScriptはUnityのためのマルチタッチライブラリです。iOSにインスパイアされ、TouchScriptははるかに簡単に任意のタッチ面上の複雑なジェスチャのインタラクションを扱うことができます。

このAssetはMITライセンスなので、使用していることを明記すれば商用利用も可能だ。公式ページはGitHub上にあり、中のソースコードも読める。


スポンサーリンク


対応しているジェスチャ入力は以下。


スポンサーリンク

離散的な入力:

連続的な入力:

いやぁ、こいつは便利だ。自前で書こうとすると、タップとスワイプの読み分けだけでも大混乱してるところだった。

このAssetの使い方については、GitHubに公式のチュートリアルもあるんだけど、日本語で書かれたこちらの方の記事をざっと読んでからの方が理解が速いと思う。↓

Unityにおける簡単なジェスチャー取得

こちらの記事にはタップとパンの使い方が載っているので、入門として最適。

追記:ポケモンGOにもTouchScriptが使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527


スポンサーリンク

関連記事

Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
仮想関数
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
動的なメモリの扱い
このブログのデザインに飽きてきた
ROMOハッカソンに行ってきた
Quartus II
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
シフトカーを改造してラジコン化する人達
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
プログラムによる景観の自動生成
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
服飾デザインツール『CLO』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Mean Stack開発の最初の一歩
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Raspberry PiでIoTごっこ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
UnityのuGUIチュートリアル
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Unityをレンダラとして活用する
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』

コメント