Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

最近は、大きなタッチディスプレイを使ったインスタレーションやインタラクティブサイネージが増えてるから、タッチ入力による各種ジェスチャーを簡単に扱えるかなりライブラリはかなり需要があるんじゃないだろうか。

このTouchScriptという無料Assetは、iOSデバイス風のジェスチャ入力を良い感じに振り分けて簡単なイベント処理で受け取れるようにしてくれるライブラリ。↓

TouchScript

TouchScriptはUnityのためのマルチタッチライブラリです。iOSにインスパイアされ、TouchScriptははるかに簡単に任意のタッチ面上の複雑なジェスチャのインタラクションを扱うことができます。

このAssetはMITライセンスなので、使用していることを明記すれば商用利用も可能だ。公式ページはGitHub上にあり、中のソースコードも読める。


スポンサーリンク


対応しているジェスチャ入力は以下。


スポンサーリンク

離散的な入力:

連続的な入力:

いやぁ、こいつは便利だ。自前で書こうとすると、タップとスワイプの読み分けだけでも大混乱してるところだった。

このAssetの使い方については、GitHubに公式のチュートリアルもあるんだけど、日本語で書かれたこちらの方の記事をざっと読んでからの方が理解が速いと思う。↓

Unityにおける簡単なジェスチャー取得

こちらの記事にはタップとパンの使い方が載っているので、入門として最適。

追記:ポケモンGOにもTouchScriptが使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527


スポンサーリンク

関連記事

インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
機械学習手法『Random Forest』
3DCG Meetup #4に行ってきた
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityでOpenCVを使うには?
Oculus Goを購入!
このブログのデザインに飽きてきた
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
動的なメモリの扱い
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
adskShaderSDK
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
C++始めようと思うんだ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Maya LTのQuick Rigを試す
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
UnityでARKit2.0
Raspberry PiでIoTごっこ
オープンソースの取引プラットフォーム
ディープラーニング
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
pythonもかじってみようかと
書籍『ROSプログラミング』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Unityの薄い本
ROSの薄い本
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Raspberry Pi 2を買いました

コメント