Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

プログラミングスキルとは何か?
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
WordPressのテーマを自作する
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Raspberry Pi
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Unite 2014の動画
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
続・ディープラーニングの資料
pythonもかじってみようかと
ポイントクラウドコンソーシアム
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
UnityでLight Shaftを表現する
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
konashiのサンプルコードを動かしてみた
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
マルコフ連鎖モンテカルロ法
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
インターフェイスは世界を規定する
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』

コメント