Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

WordPressの表示を高速化する
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
スクレイピング
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
服飾デザインツール『CLO』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
今年もSSII
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
konashiのサンプルコードを動かしてみた
サンプルコードにも間違いはある?
機械学習手法『Random Forest』
Raspberry Pi 2を買いました
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Google App EngineでWordPress
Raspberry Pi
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Google Chromecast
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ミニ四駆で電子工作
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
クラスの基本
リニアアクチュエータ
3D復元技術の情報リンク集
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)

コメント