Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
3D復元技術の情報リンク集
Google App EngineでWordPress
スクレイピング
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
Unreal Engineの薄い本
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ROSの薄い本
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
UnityからROSを利用できる『ROS#』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ROMOハッカソンに行ってきた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ニューラルネットワークで画像分類
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
3Dグラフィックスの入門書
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Quartus II
Google Chromecast
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ミニ四駆で電子工作
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ

コメント