Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで学ぶC#
html5のcanvasの可能性
konashiのサンプルコードを動かしてみた
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCV
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
クラスの基本
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
機械学習手法『Random Forest』
まだ続くブログの不調
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
pythonもかじってみようかと
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
3D復元技術の情報リンク集
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
このブログのデザインに飽きてきた
Unityの薄い本
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...

コメント