Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
スクレイピング
pythonもかじってみようかと
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
AfterEffectsプラグイン開発
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
3Dグラフィックスの入門書
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ZBrushのZScript入門
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
機械学習手法『Random Forest』
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ROSの薄い本
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
映像ビジネスの未来
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
UnityでPoint Cloudを表示する方法
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ディープラーニング
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う

コメント