Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
タマムシっぽい質感
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
シフトカーを改造してラジコン化する人達
adskShaderSDK
UnityのGlobal Illumination
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
動的なメモリの扱い
Managing Software Requirements: A Unified Approach
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZScript
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Unite 2014の動画
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ドットインストールのWordPress入門レッスン
ブログが1日ダウンしてました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
HerokuでMEAN stack
定数
Raspberry Pi 2を買いました
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング

コメント