Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry Pi
機械学習で遊ぶ
続・ディープラーニングの資料
Unityをレンダラとして活用する
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
サンプルコードにも間違いはある?
UnityでLight Shaftを表現する
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ブログが1日ダウンしてました
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Verilog HDL
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
タイミングとクオリティ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Unityからkonashiをコントロールする
Unreal Engineの薄い本
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Managing Software Requirements: A Unified Approach
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
adskShaderSDK
定数
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
C++始めようと思うんだ
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Iterator

コメント