Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード

7月の半ばぐらいに、このブログのサイトマップ生成に使っているGoogle XML Sitemap Generatorプラグインをバージョン4.x以降にアップデートしてから、ずっとサイトマップの送信・インデックス登録の調子が悪かった。設定をちょこちょこいじって様子を見ていたけど、一向に以前の状態に戻らないので、思い切って巷で安定版と言われている3.x系に戻してみた。


スポンサーリンク

古いバージョンのダウンロードはこちらから。

WordPressだと、古いプラグインのインストールもzipファイルをアップロードするだけで完了するから楽で良いね。すぐには変化が現れないだろうからしばらく様子を見るつもり。
Wordpressでブログを作り始めたのが今年の4月末ぐらいだったから、運用を始めてそろそろ半年になる。最初はGoogle App Engineで始めたけど、今はAmazon EC2に落ち着いている。本格的にプラグインを活用し始めたのはAmazon EC2に移行してからだ。今はもうプラグインまみれのブログになってる。


スポンサーリンク

自分でブログを立ち上げてみて、以前とは少しだけ違う視点を得られた気がする。あくまでほんの少しだけだけど、クラウドサービスやアクセス解析、広告収入モデルについて興味が広がった。
Google Adsenseも試してみて、ほんの少し収益があった。まだAmazon EC2の利用料金の方がはるかに高い状態だけど、世の中にはこういう稼ぎ方も存在するんだと実感できた。
こういう本を買ってみた。↓

不思議なもので、それぞれの分野を意識し始めるだけで、いつもと同じ行動範囲の中からでもその分野の情報が良く目に入ってくるようになる。この本も、特に探そうと思ったわけでなく目についたから購入した。
研究とかも同じことが言えるんじゃないかと感じている。普段から重力について考えていれば、木からリンゴが落ちる様子も別の見え方をするし、新たな洞察へと繋がる。課題意識というか、普段の思考が情報への感度を変えてくれる。職業病みたいなものも、良い方へ作用させれば、情報感度を磨くことができると思う。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
プログラミングスキルとは何か
WordPress on Windows Azure
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
ブログをAWSからwpXへ移行
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
WordPressの表示を高速化する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityのTransformクラスについて調べてみた
3Dコンピュータービジョン用のライブラリ『PyTorch3D』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
html5のcanvasの可能性
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
UnityでOpenCVを使うには?
Raspberry Pi 2を買いました
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
AfterEffectsプラグイン開発
Webページ制作のためのメモ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Unityの薄い本
Unreal Engineの薄い本
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』

コメント