AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する

このブログはAmazon EC2のt1.microインスタンスでWordpressを動かしている。もともとは網元AMIを使って作ったもの。
で、t1.microのせいなのかはわからないけど、最近はブログが頻繁にダウンするようになったので新世代のt2.microへ移行しようと考えている。
t2.microはメモリが1GBに増えるそうなので、多少動作がマシになるのではという目論見。

移行作業はこちらの記事を参考に進めている。↓
EC2のt1.microをt2.microへ移行する


スポンサーリンク

null

図解が非常に解りやすいのでこれに沿って進める。
まずは手順①。移行元の t1.microインスタンス (以下 コピー元インスタンス) に grub をインストールする。
なんだけど、オイラはこのインスタンスにログインするためのプライベートキーを紛失してたので、最初のステップからいきなり詰んだ。
というわけで、この記事を参考にインスタンスを作り直した。↓
AWS EC2ログイン用の秘密鍵を無くした


スポンサーリンク

まずはとにかく新しいキーペアを作成。Amazon Web Servicesの画面上でやるのは不安なので、ローカルでTeraTermを使ってキーペアを作成した。
そして、元のt1.microインスタンスからAMIを作って、そのAMIから新しいt1.microインスタンスを作成し、新しく用意したキーペアを割り当ててやる。
元のインスタンスに割り当てていたElastic IPを新しいインスタンスに割り当てれば、外見は元通り。ブログも今まで通りの状態で稼働再開できた。

試しに新しいインスタンスにSSH接続してみたら、ちゃんと繋がった。無事にgrubのインストールができた。

ふう、とりあえず最初のステップは上手くいった。続きは後日。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
WordPressのテーマを自作する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnityのAR FoundationでARKit 3
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて
Unityの薄い本
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Model View Controller
機械学習で遊ぶ
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
サンプルコードにも間違いはある?
ROMOハッカソンに行ってきた
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Mean Stack開発の最初の一歩
今年もSSII
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ブログのデザイン変えました
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

コメント