AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する

このブログはAmazon EC2のt1.microインスタンスでWordpressを動かしている。もともとは網元AMIを使って作ったもの。
で、t1.microのせいなのかはわからないけど、最近はブログが頻繁にダウンするようになったので新世代のt2.microへ移行しようと考えている。
t2.microはメモリが1GBに増えるそうなので、多少動作がマシになるのではという目論見。

移行作業はこちらの記事を参考に進めている。↓
EC2のt1.microをt2.microへ移行する


スポンサーリンク

null

図解が非常に解りやすいのでこれに沿って進める。
まずは手順①。移行元の t1.microインスタンス (以下 コピー元インスタンス) に grub をインストールする。
なんだけど、オイラはこのインスタンスにログインするためのプライベートキーを紛失してたので、最初のステップからいきなり詰んだ。
というわけで、この記事を参考にインスタンスを作り直した。↓
AWS EC2ログイン用の秘密鍵を無くした


スポンサーリンク

まずはとにかく新しいキーペアを作成。Amazon Web Servicesの画面上でやるのは不安なので、ローカルでTeraTermを使ってキーペアを作成した。
そして、元のt1.microインスタンスからAMIを作って、そのAMIから新しいt1.microインスタンスを作成し、新しく用意したキーペアを割り当ててやる。
元のインスタンスに割り当てていたElastic IPを新しいインスタンスに割り当てれば、外見は元通り。ブログも今まで通りの状態で稼働再開できた。

試しに新しいインスタンスにSSH接続してみたら、ちゃんと繋がった。無事にgrubのインストールができた。

ふう、とりあえず最初のステップは上手くいった。続きは後日。


スポンサーリンク

関連記事

バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ディープラーニング
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
WordPressのテーマを自作する
Raspberry Pi
今年もSSII
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Unreal Engineの薄い本
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
タマムシっぽい質感
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
3D復元技術の情報リンク集
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Raspberry PiでIoTごっこ
Verilog HDL
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
HerokuでMEAN stack
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル

コメント