AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する

このブログはAmazon EC2のt1.microインスタンスでWordpressを動かしている。もともとは網元AMIを使って作ったもの。
で、t1.microのせいなのかはわからないけど、最近はブログが頻繁にダウンするようになったので新世代のt2.microへ移行しようと考えている。
t2.microはメモリが1GBに増えるそうなので、多少動作がマシになるのではという目論見。

移行作業はこちらの記事を参考に進めている。↓
EC2のt1.microをt2.microへ移行する


スポンサーリンク

null

図解が非常に解りやすいのでこれに沿って進める。
まずは手順①。移行元の t1.microインスタンス (以下 コピー元インスタンス) に grub をインストールする。
なんだけど、オイラはこのインスタンスにログインするためのプライベートキーを紛失してたので、最初のステップからいきなり詰んだ。
というわけで、この記事を参考にインスタンスを作り直した。↓
AWS EC2ログイン用の秘密鍵を無くした


スポンサーリンク

まずはとにかく新しいキーペアを作成。Amazon Web Servicesの画面上でやるのは不安なので、ローカルでTeraTermを使ってキーペアを作成した。
そして、元のt1.microインスタンスからAMIを作って、そのAMIから新しいt1.microインスタンスを作成し、新しく用意したキーペアを割り当ててやる。
元のインスタンスに割り当てていたElastic IPを新しいインスタンスに割り当てれば、外見は元通り。ブログも今まで通りの状態で稼働再開できた。

試しに新しいインスタンスにSSH接続してみたら、ちゃんと繋がった。無事にgrubのインストールができた。

ふう、とりあえず最初のステップは上手くいった。続きは後日。


スポンサーリンク

関連記事

UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
プログラムによる景観の自動生成
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Verilog HDL
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Iterator
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ブログをAWSからwpXへ移行
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Amazon Web ServicesでWordPress
ROMOハッカソンに行ってきた
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
3Dグラフィックスの入門書
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
konashiのサンプルコードを動かしてみた
動的なメモリの扱い
3D復元技術の情報リンク集
ROSの薄い本
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ニューラルネットワークで画像分類
OANDAのfxTrade API

コメント