AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する

このブログはAmazon EC2のt1.microインスタンスでWordpressを動かしている。もともとは網元AMIを使って作ったもの。
で、t1.microのせいなのかはわからないけど、最近はブログが頻繁にダウンするようになったので新世代のt2.microへ移行しようと考えている。
t2.microはメモリが1GBに増えるそうなので、多少動作がマシになるのではという目論見。

移行作業はこちらの記事を参考に進めている。↓
EC2のt1.microをt2.microへ移行する


スポンサーリンク

null

図解が非常に解りやすいのでこれに沿って進める。
まずは手順①。移行元の t1.microインスタンス (以下 コピー元インスタンス) に grub をインストールする。
なんだけど、オイラはこのインスタンスにログインするためのプライベートキーを紛失してたので、最初のステップからいきなり詰んだ。
というわけで、この記事を参考にインスタンスを作り直した。↓
AWS EC2ログイン用の秘密鍵を無くした


スポンサーリンク

まずはとにかく新しいキーペアを作成。Amazon Web Servicesの画面上でやるのは不安なので、ローカルでTeraTermを使ってキーペアを作成した。
そして、元のt1.microインスタンスからAMIを作って、そのAMIから新しいt1.microインスタンスを作成し、新しく用意したキーペアを割り当ててやる。
元のインスタンスに割り当てていたElastic IPを新しいインスタンスに割り当てれば、外見は元通り。ブログも今まで通りの状態で稼働再開できた。

試しに新しいインスタンスにSSH接続してみたら、ちゃんと繋がった。無事にgrubのインストールができた。

ふう、とりあえず最初のステップは上手くいった。続きは後日。


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engineの薄い本
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
WinSCP
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて
Raspberry Pi 2を買いました
Google App EngineでWordPress
HD画質の無駄遣い
クラスの基本
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
実は頻発しているブログの不具合
Mayaのプラグイン開発
Iterator
OpenGVのライブラリ構成
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
プログラムによる景観の自動生成
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
AWSでシステムトレード
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
WordPress on Windows Azure
ニューラルネットワークで画像分類
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Quartus II
続・ディープラーニングの資料
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Verilog HDL
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
動的なメモリの扱い
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す

コメント