科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』

 

この本、読み進めて、解らなくなったら戻ってを繰り返して、ノロノロと第7章まで読み終わった。


スポンサーリンク

この本は章の合間にこの分野のプチ情報が載ってるんだけど、そこで知ったのがJuliaという言語。
2012年にオープンソースとして提供が開始された科学技術計算向けのスクリプト言語で、この本によると、ゆくゆくはRやPythonの後継言語になるとも噂されているらしい。

ちょっと調べてみたら、Juliaのリリース記事を日本語訳した方がいたので読んでみた。↓
なぜ僕らはJuliaを作ったか


スポンサーリンク

僕らが欲しい言語はこんな感じだ。まず、ゆるいライセンスのオープンソースで、Cの速度とRubyの動的さが欲しい。Lispのような真のマクロが使える同図象性のある言語で、Matlabのように分かりやすい数学の記述をしたい。Pythonのように汎用的に使いたいし、Rの統計処理、Perlの文字列処理、Matlabの線形代数計算も要る。シェルのように簡単にいくつかのパーツをつなぎ合わせたい。チョー簡単に習えて、超上級ハッカーも満足する言語。インタラクティブに使えて、かつコンパイルできる言語が欲しい。
(そういえば、C言語の実行速度が必要だってのは言ったっけ?)
こんなにもワガママを言った上だけど、Hadoopみたいな大規模分散コンピューティングもやりたい。
(中略)
まだ完成してないけど、そろそろ1.0のリリースの時期だ。僕らが作った言語の名前はJulia。すでに僕らの無礼な要求に9割方は応えてくれてるけど、ちゃんとした形になるためには僕ら以外の要求も聞かないといけない。だから、君がもし欲張りで理不尽でわがままなプログラマなら、ちょいとこいつを試してもらいたいんだ。

モリモリの理想を掲げたスクリプト言語だけど、実現したら一気にデータマイニングのスタンダードになりそうな気もする。
とりあえず、ダウンロードはこちらから。

まあ、現状では立ち上がりの時間も含めるとそこまで高速ではないらしいという感想もあるようですが。↓
Julia : スクリプト言語最速? 手軽さと速さを求めた科学技術計算向け言語

さて、この書籍のプチ情報欄でKDD (International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining)という学会の存在も知った。ACMのSIG-KDDが主催するデータマイニング分野で最もレベルの高い国際会議らしい。
独学のための取っ掛かりになる情報がちりばめられててありがたい書籍。


スポンサーリンク

関連記事

ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
深海魚
『ヒカリ展』に行ってきた
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
マインドマップ作成ツール『MindNode』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
クラスの基本
機械学習で遊ぶ
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
ミニ四駆のラジコン化情報
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
フルカラー3Dプリンタ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
iPhoneをエレキギターのアンプにする
マイケル・ベイの動画の感覚
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
副業の基本と常識
WordPress on Windows Azure
WordPressの表示を高速化する
生物の骨格
3D復元技術の情報リンク集
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCV
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
仮面ライダーあつめ

コメント