ZBrushで基本となるブラシ

田島光二作品集 & ZBrushテクニックは本当に良書。

この本に載っていた基本のブラシ

  • Standard
  • Move
  • Smooth
  • Clay
  • ClayTube
  • TrimDynamic

で結構思い通りに形が作れる。

ということで、この前の黒歴史ラクガキの立体化が進む。



余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。

余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。形状の輪郭が整ってきた。



こういう情報は独学より習った方が良かったりはする。基本を知ると、枝葉となる情報は自分で集められる。


スポンサーリンク


田島光二さんは学生の頃から作品をブログで発表し続け、ついにはハリウッドで活躍するようになったすごい人。
2011年の初め頃にはボーンデジタル主催のセミナー「スピードスカルプトセミナー~スフィアからク­リーチャーを生み出す~」に単独で登壇されていた。


スポンサーリンク
BornDigital SpeedSculptSeminar by KOUJI TAJIMA

今や世界的なコンセプトデザイナー。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)

ハードサーフェイスを上手く作る方法知りたいな。


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH ASIAのマスコット
Maya API Reference
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Adobe Photoshop CS5の新機能
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
黒歴史
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushの練習 手のモデリング
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
SIGGRAPH Asia
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
シン・ゴジラのファンアート
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Unityの薄い本
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ラクガキの立体化 胴体の追加
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
参考書
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
「立場が人を作る」って言ったりするよね
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ガメラ生誕50周年
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityのTransformクラスについて調べてみた
無料で使える人体3DCG作成ツール

コメント