ZBrushで基本となるブラシ

田島光二作品集 & ZBrushテクニックは本当に良書。

この本に載っていた基本のブラシ

  • Standard
  • Move
  • Smooth
  • Clay
  • ClayTube
  • TrimDynamic

で結構思い通りに形が作れる。

ということで、この前の黒歴史ラクガキの立体化が進む。



余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。

余計なブラシ跡を磨いて滑らかに。形状の輪郭が整ってきた。



こういう情報は独学より習った方が良かったりはする。基本を知ると、枝葉となる情報は自分で集められる。


スポンサーリンク


田島光二さんは学生の頃から作品をブログで発表し続け、ついにはハリウッドで活躍するようになったすごい人。
2011年の初め頃にはボーンデジタル主催のセミナー「スピードスカルプトセミナー~スフィアからク­リーチャーを生み出す~」に単独で登壇されていた。


スポンサーリンク
BornDigital SpeedSculptSeminar by KOUJI TAJIMA

今や世界的なコンセプトデザイナー。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)

ハードサーフェイスを上手く作る方法知りたいな。


スポンサーリンク

関連記事

最近のフィギュアの製造工程
UnityのAR FoundationでARKit 3
注文してた本が届いた
布のモデリング
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
テスト
変身ベルト
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
アニゴジ関連情報
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Unityをレンダラとして活用する
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
この連休でZBrushの スキルアップを…
Mayaのレンダリング アトリビュート
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ゆとりだし
能力者
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrush 4R8 リリース!
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZScript
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
Maya LTのQuick Rigを試す
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
二次創作というやつ
Unreal Engineの薄い本
ファンの力
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Maya API Reference
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
タダでRenderManを体験する方法

コメント