サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

タダでRenderManを体験する方法
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
HerokuでMEAN stack
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
WordPressのテーマを自作する
ブログのデザイン変えました
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Model View Controller
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
仮想関数
Paul Debevec
ラクガキの立体化 胴体の追加
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Unite 2014の動画
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
TVML (TV program Making language)
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
クラスの基本
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrush 2018での作業環境を整える
Open Shading Language (OSL)
オープンソースの取引プラットフォーム
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
素敵なパーティクル
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
UnityでARKit2.0
Unityで360度ステレオVR動画を作る
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
機械学習手法『Random Forest』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント