サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
仮想関数
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ラクガキの立体化 進捗
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Paul Debevec
OpenCV バージョン4がリリースされた!
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
ラクガキの立体化 目標設定
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrushCore
OpenCV
SIGGRAPH Asia
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
UnityのAR FoundationでARKit 3
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
素敵なパーティクル
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenMayaのPhongShaderクラス
Raspberry Pi 2を買いました
Raytracing Wiki
Ambient Occlusionを解析的に求める
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ドットインストールのWordPress入門レッスン
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

コメント