サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

服飾デザインツール『CLO』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Paul Debevec
Konashiを買った
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushトレーニング
スクレイピング
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
単純に遊びに行くのはだめなのか?
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
日本でMakersは普及するだろうか?
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
UnityでOpenCVを使うには?
天体写真の3D動画
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Physically Based Rendering
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Unityの薄い本
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ディープラーニング
ZBrush 2018へのアップグレード
自前Shaderの件 解決しました
参考になりそうなサイト
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ジュラシック・パークのメイキング
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
WinSCP
顔のモデリング
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

コメント