サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ファンの力
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
マイケル・ベイの動画の感覚
ラクガキの立体化 胴体の追加
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
立体視を試してみた
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ブログの復旧が難航してた話
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
タマムシっぽい質感
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Open Shading Language (OSL)
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
『ピクサー展』へ行ってきた
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Konashiを買った
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
3Dグラフィックスの入門書
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
服飾デザインツール『CLO』
OpenCV
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenGVの用語
Mean Stack開発の最初の一歩

コメント