サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

色んな三面図があるサイト
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
UnityでOpenCVを使うには?
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
オーバーロードとオーバーライド
ジュラシック・パークのメイキング
3DCGのモデルを立体化するサービス
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
WordPressの表示を高速化する
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
オープンソースの取引プラットフォーム
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
WordPressプラグインの作り方
定数
OpenMayaRender
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
フルCGのウルトラマン!?
Model View Controller
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
UnityからROSを利用できる『ROS#』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
CEDEC 3日目
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
HerokuでMEAN stack
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

コメント