サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

WordPressの表示を高速化する
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Raspberry PiでIoTごっこ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
アニゴジ関連情報
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
OpenGVの用語
UnityからROSを利用できる『ROS#』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
タダでRenderManを体験する方法
顔のモデリング
clearcoat Shader
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ラクガキの立体化 胴体の追加
ゴジラ(2014)のメイキング
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
MFnMeshクラスのsplit関数
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
UnityのAR FoundationでARKit 3
WinSCP
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
生物の骨格

コメント