サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

色んな三面図があるサイト
今年もSSII
ZBrush 2018へのアップグレード
Mayaのプラグイン開発
MFnDataとMFnAttribute
Paul Debevec
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで基本となるブラシ
『ピクサー展』へ行ってきた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Blenderでよく使うaddon
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3Dグラフィックスの入門書
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
CLO:服飾デザインツール
マルコフ連鎖モンテカルロ法
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Google Chromecast
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Stanford Bunny
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント