サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

Maya LTでFBIK(Full Body IK)
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Stanford Bunny
ZBrushの作業環境を見直す
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
adskShaderSDK
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
PolyPaint
Raspberry Pi
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
ZBrushのお勉強
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Unityで学ぶC#
Mayaのシェーディングノードの区分
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
海外ドラマのChromaKey
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Unityからkonashiをコントロールする
CEDEC 3日目
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Boost オープンソースライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ラクガキの立体化 反省
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
MRenderUtil::raytrace

コメント