サンプルコードにも間違いはある?

MayaのDGNodeを使ったShaderの書き方をサンプルコード読みながら勉強してたんだけど、そもそも参考にしてたサンプルコード自体に間違いがあることに気づいた。
前にも貼ったPhongShaderのサンプル
サンプルをそのままビルドして実行してみればわかるんだけど、specular処理がちょっとおかしなことになる。

これはごく初歩的なミスで、要するに値の丸め忘れ。
サンプルコードだと、compute関数の中でif文使って( blindDataがNullな時とそうでない場合を)振り分けた後に、ほぼ同じShading処理を二箇所に書く構造になっていて、その内の一箇所に丸め忘れがある。
不思議なことにコードを見てると、二箇所のShading処理で別々の人が書いたように書き方が変わってたりする。(コメントの書き方も何か違う)

それで思ったんだけど、そもそもこのコードの書き方がミスを犯しやすい構造になってる気がする。if文書く位置をちょっと変えるだけでもっとメンテナンスしやすいのに…(この方が実行速度が速いんだろうか)
とか書いてたらまたおかしいところ見つけたぞ。(まあ良いか)
たぶん、最初に誰かが書いたのをバージョンアップか何かで他の誰かが書き換えて行くうちにおかしなことになっちゃったんだろう。

そんで、コード直すついでにDiffuseに関してはこの考えに従って書き換えてみた。(デザイン系ではあまり考えなくて良い部分ではある)



さて、CookTorranceがうまくいかないわけだが…。


スポンサーリンク

関連記事

Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenCVで動画の手振れ補正
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ZBrushCore
ZBrush 2018へのアップグレード
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
機械学習で遊ぶ
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ブログが1日ダウンしてました
ZBrushの練習 手のモデリング
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
プログラミングスキルとは何か
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushのUV MasterでUV展開
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
このブログのデザインに飽きてきた
HerokuでMEAN stack
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
WordPressの表示を高速化する
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでOpenCVを使うには?
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
iPhone欲しいなぁ
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
2012のメイキングまとめ(途中)
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Boost オープンソースライブラリ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』

コメント