Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧

Noen materialer

このサイト、そもそも何語で書かれてるのかも良くわからないけど、この一覧は便利なのでメモ。
Phong Shaderでそれぞれの材質らしく表現するためのパラメータを一覧にしたもの。(この定数自体はMark.J.Kilgardって人が定めたらしい)
色んな材質をPhongで表現するってかなり強引ではあるけど、描画結果がそれっぽいから気にしない。
反射モデルを研究してる人はきっとイライラするでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
アニゴジ関連情報
MFnMeshクラスのsplit関数
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrush 4R7
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
なんかすごいサイト
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
PolyPaint
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushのお勉強
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
AfterEffectsプラグイン開発
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Blenderでよく使うaddon
HD画質の無駄遣い
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
生物の骨格
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Mayaのシェーディングノードの区分
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Houdiniのライセンスの種類
立体視を試してみた
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrush 2018での作業環境を整える
OpenMayaのPhongShaderクラス
マイケル・ベイの動画の感覚
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
映画『ブレードランナー 2049』のVFX

コメント