Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧

Noen materialer

このサイト、そもそも何語で書かれてるのかも良くわからないけど、この一覧は便利なのでメモ。
Phong Shaderでそれぞれの材質らしく表現するためのパラメータを一覧にしたもの。(この定数自体はMark.J.Kilgardって人が定めたらしい)
色んな材質をPhongで表現するってかなり強引ではあるけど、描画結果がそれっぽいから気にしない。
反射モデルを研究してる人はきっとイライラするでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ガメラ生誕50周年
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
マジョーラ
2012のメイキングまとめ(途中)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZBrushの練習 手のモデリング
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
デザインのリファイン再び
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
MeshroomでPhotogrammetry
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
CreativeCOW.net
PolyPaint
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
Maya LTのQuick Rigを試す
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
布地のシワの法則性
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ラクガキの立体化
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ポリ男からMetaHumanを作る
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』

コメント