Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧

Noen materialer


スポンサーリンク

このサイト、そもそも何語で書かれてるのかも良くわからないけど、この一覧は便利なのでメモ。
Phong Shaderでそれぞれの材質らしく表現するためのパラメータを一覧にしたもの。(この定数自体はMark.J.Kilgardって人が定めたらしい)
色んな材質をPhongで表現するってかなり強引ではあるけど、描画結果がそれっぽいから気にしない。
反射モデルを研究してる人はきっとイライラするでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
kotobankを使ってみた
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
represent
Virtual Network Computing
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushCore
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
WebGL開発に関する情報が充実してきている
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
『Follow Finder』 (Google Labs)
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
テスト
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Mayaのレンダリング アトリビュート
服飾デザインツール『CLO』
ラクガキの立体化 反省
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ゴジラ(2014)のメイキング
Unite 2014の動画
Singular
トランスフォーマー:リベンジ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
素敵なパーティクル
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
C++始めようと思うんだ
Raytracing Wiki
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラの造形
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

コメント