iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。


スポンサーリンク
monaka: physical computing toolkit for iPhone, iPod touch and iPad

製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
まだ続くブログの不調
ブログが1日ダウンしてました
数学の学習支援ツール『Microsoft Mathematics』
タマムシ
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZScript
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Konashiを買った
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Unityからkonashiをコントロールする
HD画質の無駄遣い
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ディープラーニング
iPadをWindows PCのサブディスプレイにする無料アプリ『DisplayLink』
プログラマブルなドローン『Phenox』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ミニ四駆ブーム?
Unite 2014の動画
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
ブログのデザイン変えました
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
『ヒカリ展』に行ってきた
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
機械学習での「回帰」とは?
ミニ四駆で電子工作

コメント