iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。



製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
もちもち泡のネコ
Arduinoで人感センサーを使う
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
PythonでBlenderのAdd-on開発
Verilog HDL
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
副業の基本と常識
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
研究者のための英文校正業者比較サイト
光学式マウスのセンサーを応用すると…
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
html5のcanvasの可能性
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
iPhoneをエレキギターのアンプにする
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
AI英語教材アプリ『abceed』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
仮想関数
ハイテクな暑さ対策グッズ
3DCG Meetup #4に行ってきた
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』

コメント