iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。



製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
東京オリンピックと案内表示
CM
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
まだ続くブログの不調
PCの自作
趣味でCEDECに来ている者だ
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
深海魚
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
統計学に入門したい
iPhoneをエレキギターのアンプにする
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ストレングス・ファインダー
ほっこり日常まんが
Model View Controller
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
UnityのAR FoundationでARKit 3
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
タイミングとクオリティ

コメント