iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。



製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆のラジコン化情報
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
最高にカッコイイガラス細工
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
WordPressの表示を高速化する
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
pythonもかじってみようかと
ミニ四駆で電子工作
HD画質の無駄遣い
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
光学式マウスのセンサーを応用すると…
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
もちもち泡のネコ
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
クラスの基本
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
韓国のヒーロー
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ
まだまだ続く空想科学読本
UnityのuGUIチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
html5のcanvasの可能性
iPhone 13 Pro→ iPhone 15 Pro
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
WinSCP
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Unite 2014の動画
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Raspberry PiでIoTごっこ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

コメント