iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。


スポンサーリンク
monaka: physical computing toolkit for iPhone, iPod touch and iPad

製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
文献管理ツール『ReadCube』
Unite 2014の動画
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
OpenGVのライブラリ構成
iPadをWindows PCのサブディスプレイにする無料アプリ『DisplayLink』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Raspberry PiでIoTごっこ
「うぶんちゅ!」
UnityのuGUIチュートリアル
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
まだまだ続く空想科学読本
素敵なパーティクル
機械学習で遊ぶ
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
仮面ライダーあつめ
透明標本
ミニ四駆のラジコン化情報
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
定数
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
仮想関数
全脳アーキテクチャ勉強会
統計学に入門したい
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
データサイエンティストって何だ?
ROSの薄い本
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
html5のcanvasの可能性
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
プログラマブルなドローン『Phenox』
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
C++始めようと思うんだ
ROMOハッカソンに行ってきた
副業の基本と常識
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
シフトカーを改造してラジコン化する人達
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

コメント