iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

iOSと連携するガジェット作りたくて引き続き調べてる。
MFi認証を取得するのはやっぱり難しそうなので、認証無しでiOSと連携できるBLEで行くことにした。
そこで便利なのがKONASHIというキット。

KONASHI

konashi(こなし)は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキットです。
iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく
ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとしてお使いいただけます。


スポンサーリンク


この手のキットでは珍しく、国産のハードなのです。


スポンサーリンク
monaka: physical computing toolkit for iPhone, iPod touch and iPad

製品ウェブサイトおよび購入はこちら

iOSアプリと連携させて使えるデバイスたち

エンジニアなら手軽なキットじゃなくてガチなキットに触れるべきかもしれないけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
深海魚
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
UnityのTransformクラスについて調べてみた
html5のcanvasの可能性
3Dグラフィックスの入門書
WinSCP
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
プログラムによる景観の自動生成
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV バージョン4がリリースされた!
オープンソースの取引プラットフォーム
Raspberry PiでIoTごっこ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
生物の骨格
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
消費の記録
Unreal Engineの薄い本
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
『ヒカリ展』に行ってきた
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
スクレイピング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
動的なメモリの扱い
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
iPhone 8 → iPhone 11 Pro
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
新年の衝動買い
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』

コメント