ニューラルネットワークと深層学習

この前のプログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定もそうだけど、最近オンライン無料書籍ってのが結構あるのね。第一線の人達が教材を作るのは布教活動ということなのだろうか。

またQiitaで知ったんだけど、Neural Networka and Deep Learningっていうオンライン無料書籍があって、それの有志による日本語訳ニューラルネットワークと深層学習というものがあるらしい。


スポンサーリンク

Qiitaのこの記事で日本語化プロジェクトへの参加者を募っている。↓
ニューラルネットワークと深層学習(和訳):Qiita


スポンサーリンク

あなたも、この方法でDeep Learningをマスターしませんか?

というわけで、”Neural Networka and Deep Learning”(NNADL)の日本語訳プロジェクトを立ち上げることにしました。あなたも参加して、いっしょにDeep Learningを勉強しませんか?もちろん、ただ読んでくださるだけや、誤字脱字の報告だけでも結構です!

現在進行中の日本語訳はここから見れます: http://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/index.html
また、翻訳参加者はgithubのプロジェクトページ: https://github.com/nnadl-ja/nnadl_site_ja から受け付けています。
日本語プロジェクトを盛り上げることで、原著者が未執筆の原著第六章「Deep learning」を執筆するモチベーションにもなればと思います。
よろしくお願いします。

※ちなみに、原著は商用化を禁ずるライセンスのもと公開されているので、秒間年収〇億稼げるようになったりはしません。あしからず。

確かに、翻訳に参加すればかなり勉強になりそうな気もする。


スポンサーリンク

関連記事

openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
データサイエンティストって何だ?
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
UnityでOpenCVを使うには?
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ディープラーニング
AfterEffectsプラグイン開発
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ニューラルネットワークで画像分類
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
全脳アーキテクチャ勉強会
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
GoogleのDeep Learning論文
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
PCA (主成分分析)
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ベイズ推定とグラフィカルモデル
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)

コメント