ニューラルネットワークと深層学習

この前のプログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定もそうだけど、最近オンライン無料書籍ってのが結構あるのね。第一線の人達が教材を作るのは布教活動ということなのだろうか。

またQiitaで知ったんだけど、Neural Networka and Deep Learningっていうオンライン無料書籍があって、それの有志による日本語訳ニューラルネットワークと深層学習というものがあるらしい。


スポンサーリンク

Qiitaのこの記事で日本語化プロジェクトへの参加者を募っている。↓
ニューラルネットワークと深層学習(和訳):Qiita


スポンサーリンク

あなたも、この方法でDeep Learningをマスターしませんか?

というわけで、”Neural Networka and Deep Learning”(NNADL)の日本語訳プロジェクトを立ち上げることにしました。あなたも参加して、いっしょにDeep Learningを勉強しませんか?もちろん、ただ読んでくださるだけや、誤字脱字の報告だけでも結構です!

現在進行中の日本語訳はここから見れます: http://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/index.html
また、翻訳参加者はgithubのプロジェクトページ: https://github.com/nnadl-ja/nnadl_site_ja から受け付けています。
日本語プロジェクトを盛り上げることで、原著者が未執筆の原著第六章「Deep learning」を執筆するモチベーションにもなればと思います。
よろしくお願いします。

※ちなみに、原著は商用化を禁ずるライセンスのもと公開されているので、秒間年収〇億稼げるようになったりはしません。あしからず。

確かに、翻訳に参加すればかなり勉強になりそうな気もする。


スポンサーリンク

関連記事

Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Adobe MAX 2015
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
SVM (Support Vector Machine)
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
コンピュータビジョンの技術マップ
ディープラーニング
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
続・ディープラーニングの資料
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する

コメント