ニューラルネットワークと深層学習

この前のプログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定もそうだけど、最近オンライン無料書籍ってのが結構あるのね。第一線の人達が教材を作るのは布教活動ということなのだろうか。

またQiitaで知ったんだけど、Neural Networka and Deep Learningっていうオンライン無料書籍があって、それの有志による日本語訳ニューラルネットワークと深層学習というものがあるらしい。


スポンサーリンク

Qiitaのこの記事で日本語化プロジェクトへの参加者を募っている。↓
ニューラルネットワークと深層学習(和訳):Qiita


スポンサーリンク

あなたも、この方法でDeep Learningをマスターしませんか?

というわけで、”Neural Networka and Deep Learning”(NNADL)の日本語訳プロジェクトを立ち上げることにしました。あなたも参加して、いっしょにDeep Learningを勉強しませんか?もちろん、ただ読んでくださるだけや、誤字脱字の報告だけでも結構です!

現在進行中の日本語訳はここから見れます: http://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/index.html
また、翻訳参加者はgithubのプロジェクトページ: https://github.com/nnadl-ja/nnadl_site_ja から受け付けています。
日本語プロジェクトを盛り上げることで、原著者が未執筆の原著第六章「Deep learning」を執筆するモチベーションにもなればと思います。
よろしくお願いします。

※ちなみに、原著は商用化を禁ずるライセンスのもと公開されているので、秒間年収〇億稼げるようになったりはしません。あしからず。

確かに、翻訳に参加すればかなり勉強になりそうな気もする。


スポンサーリンク

関連記事

GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
OpenCV
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
全脳アーキテクチャ勉強会
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
統計的な顔モデル
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
機械学習での「回帰」とは?
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenGVの用語
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Houdiniのライセンスの種類
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Active Appearance Models(AAM)
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
機械学習手法『Random Forest』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)

コメント