ニューラルネットワークと深層学習

この前のプログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定もそうだけど、最近オンライン無料書籍ってのが結構あるのね。第一線の人達が教材を作るのは布教活動ということなのだろうか。

またQiitaで知ったんだけど、Neural Networka and Deep Learningっていうオンライン無料書籍があって、それの有志による日本語訳ニューラルネットワークと深層学習というものがあるらしい。


スポンサーリンク

Qiitaのこの記事で日本語化プロジェクトへの参加者を募っている。↓
ニューラルネットワークと深層学習(和訳):Qiita


スポンサーリンク

あなたも、この方法でDeep Learningをマスターしませんか?

というわけで、”Neural Networka and Deep Learning”(NNADL)の日本語訳プロジェクトを立ち上げることにしました。あなたも参加して、いっしょにDeep Learningを勉強しませんか?もちろん、ただ読んでくださるだけや、誤字脱字の報告だけでも結構です!

現在進行中の日本語訳はここから見れます: http://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/index.html
また、翻訳参加者はgithubのプロジェクトページ: https://github.com/nnadl-ja/nnadl_site_ja から受け付けています。
日本語プロジェクトを盛り上げることで、原著者が未執筆の原著第六章「Deep learning」を執筆するモチベーションにもなればと思います。
よろしくお願いします。

※ちなみに、原著は商用化を禁ずるライセンスのもと公開されているので、秒間年収〇億稼げるようになったりはしません。あしからず。

確かに、翻訳に参加すればかなり勉強になりそうな気もする。


スポンサーリンク

関連記事

手を動かしながら学ぶデータマイニング
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Paul Debevec
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
全脳アーキテクチャ勉強会
統計的な顔モデル
ポイントクラウドコンソーシアム
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenGVのライブラリ構成
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
機械学習での「回帰」とは?
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
コンピュータビジョンの技術マップ
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』

コメント