ニューラルネットワークと深層学習

この前のプログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定もそうだけど、最近オンライン無料書籍ってのが結構あるのね。第一線の人達が教材を作るのは布教活動ということなのだろうか。

またQiitaで知ったんだけど、Neural Networka and Deep Learningっていうオンライン無料書籍があって、それの有志による日本語訳ニューラルネットワークと深層学習というものがあるらしい。


スポンサーリンク

Qiitaのこの記事で日本語化プロジェクトへの参加者を募っている。↓
ニューラルネットワークと深層学習(和訳):Qiita


スポンサーリンク

あなたも、この方法でDeep Learningをマスターしませんか?

というわけで、”Neural Networka and Deep Learning”(NNADL)の日本語訳プロジェクトを立ち上げることにしました。あなたも参加して、いっしょにDeep Learningを勉強しませんか?もちろん、ただ読んでくださるだけや、誤字脱字の報告だけでも結構です!

現在進行中の日本語訳はここから見れます: http://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/index.html
また、翻訳参加者はgithubのプロジェクトページ: https://github.com/nnadl-ja/nnadl_site_ja から受け付けています。
日本語プロジェクトを盛り上げることで、原著者が未執筆の原著第六章「Deep learning」を執筆するモチベーションにもなればと思います。
よろしくお願いします。

※ちなみに、原著は商用化を禁ずるライセンスのもと公開されているので、秒間年収〇億稼げるようになったりはしません。あしからず。

確かに、翻訳に参加すればかなり勉強になりそうな気もする。


スポンサーリンク

関連記事

ポイントクラウドコンソーシアム
Active Appearance Models(AAM)
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Paul Debevec
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
3D復元技術の情報リンク集
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ベイズ推定とグラフィカルモデル
機械学習手法『Random Forest』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Adobe MAX 2015
全脳アーキテクチャ勉強会
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CGのためのディープラーニング
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenGVのライブラリ構成
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
今年もSSII
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
海外ドラマのChromaKey
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ

コメント