Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』

ベイズ統計を勉強するにあたって、本格的にPyMCを使ってみようと思い始めた。
PyMCを知ったきっかけは、前にも書いた通りこちらの資料↓
PyMCがあれば,ベイズ推定でもう泣いたりなんかしない

ということで、PyMCについて調べ始めた。

PyMCとは?

PyMCは、マルコフ連鎖モンテカルロ法を含むベイズ統計モデルとフィッティングアルゴリズムを実装したPythonモジュールです。柔軟性、拡張性が高く、多くの課題に適用できるでしょう。PyMCには、コアとなるサンプリング機能に加えて、出力、プロット、適合度や収束診断を行うための機能が備わっています。


スポンサーリンク


GitHub上の洋書(?)「Probabilistic Programming and Bayesian Methods for Hackers」(プログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定)の冒頭を翻訳した記事を見つけた。この本の「計算機を使って理解する」というポリシーが今のオイラにあってる気がする。(数式から入るの苦手)

プログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定

ベイズ推論の入門書である本書「プログラマーのための確率プログラミングとベイズ推定」は, 計算機を使って理解することを優先しており,数学的な理解はその次である. もちろん入門書によくあるように,数学は説明しない場合もある(入門書なのだから). 十分な数学の知識がある読者は,数学に重点をおいている他の書籍を読んで好奇心を満たして欲しい. 数学の知識には自信がないが興味のある読者や, 数学には興味はなくベイズ推論の実践的な知識を得たい読者には,本書は最適で楽しめるはずである.


スポンサーリンク

有志による日本語訳もまだあんまり進んでないみたいで、今から読むなら日本語訳に協力するぐらいの気持ちの方が良いのかも。

GitHubのページはこちら↓
https://github.com/CamDavidsonPilon/Probabilistic-Programming-and-Bayesian-Methods-for-Hackers

どうやら、この本はiPythonのNotebook形式というものを利用しているようで、Webページ上で実行結果まで見れるようになっている。

追記:日本語訳の書籍が出た。
Pythonで体験するベイズ推論 PyMCによるMCMC入門

iPythonって、名前だけは聞いたことがあったけど、これを機にちょっと調べてみた。

iPythonとは?

Pythonを対話的に実行するためのシェルである。オリジナルのPythonと比較して、型推定を強化し、対話的実行のための文法を追加してあり、コード・ハイライティングおよびタブによる補完が行える。IPythonはSciPyパッケージの一部として公開されている。

これって、計算機科学系の人達の間ではもう常識なのかな。Webブラウザ上で対話的にpythonのコードが実行可能で、コード、コメント、図を含む出力結果を計算ノートみたいに表示できるらしい。
参考:IPython Notebookとnbviewerを使ってみた

そして、これを公開する仕組みnbviewerというのがあるらしい。

また芋づる式に知らないことが増えたなぁ。

追記:現在は名称が変わり、iPythonでなはくJupyter


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Model View Controller
Raspberry Pi 2を買いました
UnityでPoint Cloudを表示する方法
WordPressのテーマを自作する
Raspberry PiでIoTごっこ
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
手を動かしながら学ぶデータマイニング
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
3Dグラフィックスの入門書
WebGL開発に関する情報が充実してきている
WordPressプラグインの作り方
仮想関数
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Unityの薄い本
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
SVM (Support Vector Machine)
UnityでARKit2.0
書籍『ROSプログラミング』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
動的なメモリの扱い
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
pythonもかじってみようかと
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

コメント