機械学習について最近知った情報

東大工学部 松尾研究室のDeep Learning Japanのサイト。ここが日本でpylearn2の情報が一番まとまっているんじゃないかな。

そして、Machine Learning Casual Talksという勉強会の資料。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

第2回の資料。


スポンサーリンク

関連記事

2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Photogrammetry (写真測量法)
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Kinect for Windows v2の日本価格決定
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
ディープラーニング
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
機械学習手法『Random Forest』
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
3D復元技術の情報リンク集
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Active Appearance Models(AAM)
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
SVM (Support Vector Machine)
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
機械学習での「回帰」とは?

コメント