Maya 2015から標準搭載されたMILA

何をどう略したらMILAになるのかもわからん。Layering shader libraryとか言ってるから、Shaderをレイヤー的に合成できるということかな。

Thing you must know about Mental Ray Layering MILA in Autodesk Maya 2015
START USING THE NEW MILA MATERIAL IN MAYA 2015


スポンサーリンク
New SUBSURFACE SCATTERING in MAYA 2015 tutorial – MILA SCATTER

少しずつ調べてまとめていく予定。


スポンサーリンク

関連記事

天体写真の3D動画
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Houdiniのライセンスの種類
Stanford Bunny
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
布のモデリング
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZScript
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
デザインのリファイン再び
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
マイケル・ベイの動画の感覚
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushCore
ファンの力
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Maya API Reference
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Vancouver Film Schoolのデモリール
WebGL開発に関する情報が充実してきている
HD画質の無駄遣い その2
MRenderUtil::raytrace
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
自前のShaderがおかしい件
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
プログラムによる景観の自動生成
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ゴジラの造形
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする

コメント