Maya 2015から標準搭載されたMILA

何をどう略したらMILAになるのかもわからん。Layering shader libraryとか言ってるから、Shaderをレイヤー的に合成できるということかな。

Thing you must know about Mental Ray Layering MILA in Autodesk Maya 2015
START USING THE NEW MILA MATERIAL IN MAYA 2015


スポンサーリンク
New SUBSURFACE SCATTERING in MAYA 2015 tutorial – MILA SCATTER

少しずつ調べてまとめていく予定。


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い その2
ゴジラ(2014)のメイキング
ガメラ生誕50周年
OpenMayaRender
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
clearcoat Shader
天体写真の3D動画
デザインのリファイン再び
NICOGRAPHって有名?
ラクガキの立体化 モールドの追加
布地のシワの法則性
服飾デザインツール『CLO』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ゴジラ三昧
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
MFnMeshクラスのsplit関数
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
AfterEffectsプラグイン開発
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrush 2018へのアップグレード
参考になりそうなサイト
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZScript
Unite 2014の動画
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
生物の骨格
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示

コメント