Maya 2015から標準搭載されたMILA

何をどう略したらMILAになるのかもわからん。Layering shader libraryとか言ってるから、Shaderをレイヤー的に合成できるということかな。

Thing you must know about Mental Ray Layering MILA in Autodesk Maya 2015
START USING THE NEW MILA MATERIAL IN MAYA 2015


スポンサーリンク

少しずつ調べてまとめていく予定。


スポンサーリンク

関連記事

Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでカスタムUIを設定する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrush 4R7
海外ドラマのChromaKey
ポリ男からMetaHumanを作る
なんかすごいサイト
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
『ピクサー展』へ行ってきた
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
Houdiniのライセンスの種類
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushのお勉強
ラクガキの立体化 モールドの追加
Oculus Goを購入!
CreativeCOW.net
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
立体視を試してみた
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
clearcoat Shader
ZBrushの練習 手のモデリング
3Dグラフィックスの入門書
Blenderでよく使うaddon
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
CLO:服飾デザインツール
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ゴジラ(2014)のメイキング
ガメラ生誕50周年
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む

コメント