ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

このブログのデザインに飽きてきた
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
サンプルコードにも間違いはある?
Iterator
オープンソースの取引プラットフォーム
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Objective-C最速基礎文法マスター
プログラムによる景観の自動生成
タマムシっぽい質感
仮想関数
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ブログが1日ダウンしてました
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
動的なメモリの扱い
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
WordPressプラグインの作り方
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
adskShaderSDK
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Konashiを買った
ブログのデザイン変えました
C++の抽象クラス
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ROSの薄い本
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
書籍『ROSプログラミング』
iPhone5S → iPhone6S
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る

コメント