ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

Quartus II
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Mean Stack開発の最初の一歩
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
定数
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
プログラミングスキルとは何か?
UnityでLight Shaftを表現する
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Objective-C最速基礎文法マスター
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
仮想関数
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
クラスの基本
WordPressの表示を高速化する
WordPressプラグインの作り方
ドットインストールのWordPress入門レッスン
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
動的なメモリの扱い
プログラムによる景観の自動生成
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする

コメント