ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

Iterator
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
今年もSSII
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OANDAのfxTrade API
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
HD画質の無駄遣い
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenGVのライブラリ構成
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
UnityでLight Shaftを表現する
書籍『ROSプログラミング』
iPhone5S → iPhone6S
サンプルコードにも間違いはある?
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
ZBrushのZScript入門
仮想関数
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
プログラムによる景観の自動生成
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
ニューラルネットワークで画像分類
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Google App Engineのデプロイ失敗
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Model View Controller
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Quartus II
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ

コメント