ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unityで学ぶC#
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZScript
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
UnityでLight Shaftを表現する
ブログの復旧が難航してた話
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnityでARKit2.0
OpenCVで動画の手ぶれ補正
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OANDAのfxTrade API
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Raspberry PiでIoTごっこ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
クラスの基本
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
iPhone5S → iPhone6S
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
WordPressの表示を高速化する
Unityからkonashiをコントロールする

コメント