ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ディープラーニング
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ニューラルネットワークで画像分類
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
仮面ライダーあつめ
HD画質の無駄遣い
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
adskShaderSDK
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Quartus II
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZScript
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
iPhone欲しいなぁ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ブログの復旧が難航してた話
Boost オープンソースライブラリ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Amazon Web ServicesでWordPress
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ZBrushのZScript入門
UnityでLight Shaftを表現する
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
iPhone5S → iPhone6S
iPhoneアクセサリ
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Managing Software Requirements: A Unified Approach
タマムシっぽい質感

コメント