ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Konashiを買った
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
3Dグラフィックスの入門書
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
UnityのAR FoundationでARKit 3
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OANDAのfxTrade API
Verilog HDL
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
仮想関数
続・ディープラーニングの資料
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
クラスの基本
まだ続くブログの不調
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
HerokuでMEAN stack
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Google Chromecast
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ

コメント