ROMOハッカソンに行ってきた

ROMOのハッカソンに行ってきた。

ハッカソンに参加するのは今回が初めて。まともにiOSアプリ作るのも初めて。このハッカソンに応募してからプロビジョニングプロファイルを設定した。(これがiOS開発の最難関だと思う)
プロジェクトを作成するのも慣れてなくて、前日までにドットインストール見てストーリーボードの使い方マスターした。ROMOのサンプルはストーリーボード使ってなかったけどな。

審査員として池澤あやかさんが来てて、審査員なのにアプリ作ってたw


池澤さん、技術ログとか書いてるのね。このブログ、ちょっと動作が重いと思ったら自分でサーバ借りてWordPressで作ってるのね。ガチやな。→ブログつくった。:ikeay.net


スポンサーリンク

かなりガチな開発者が集まってた印象。ほとんどの人が時間内に作り終えて、プレゼンをこなしてた。時間が余ってアプリを二つ作ってブログ記事まで書き終わっちゃった人とか、みんなすごかった。

iOS初心者なオイラは、そもそもタイマー機能の実装が上手く行かなかった。インカメラやジャイロセンサーは動いたんだけどねぇ。
でもこの1日のおかげでiOSアプリ開発に抵抗は無くなった。これからは気軽にアプリが作れそうな気がする。

フレームワークも充実していて、昨今のソフトウェアを取り巻く環境は開発者フレンドリーなんだと実感。今の時代、アプリ開発ってDIYの一種みたいなものなのかも。

ROMOは7月24日発売です。

Screenshot of www.romotive.jp


スポンサーリンク

関連記事

『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Amazon Web ServicesでWordPress
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ドットインストールのWordPress入門レッスン
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
UnityでARKit2.0
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCV
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Google Chromecast
Mayaのプラグイン開発
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
OpenGVのライブラリ構成
WordPressプラグインの作り方
オープンソースの取引プラットフォーム
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Model View Controller
html5のcanvasの可能性
機械学習で遊ぶ
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
このブログのデザインに飽きてきた
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Mean Stack開発の最初の一歩
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
書籍『ROSプログラミング』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
仮想関数

コメント