コンピュータビジョンの技術マップ

SSIIでコンピュータビジョンの技術マップ作成を進めてるみたい。

SSII2014では20周年記念企画として、画像センシングを取り巻く進展の目覚ましい技術を整理し、更にはそこから外挿して未来をプレビューするための「SSII技術マップ」を作成いたします。

● 近年の技術動向が一目でわかる
● 技術と実用化の関係がわかる
● 未来を語るたたき台になる

というコンセプトのもと、注目度の高い「イメージング」、「認識」、「三次元復元」の三分野をターゲットとして、第一線で活躍中の研究者達が下記のSSII技術マップ(案)を作成いたしました。皆さまからご意見をいただき会期までに更にブラッシュアップしていきたいと考えておりますので是非ご覧下さい!

 
まだ完成というわけではなく、まだまだ更新されていくらしい。
 
SSII技術マップ(案)「イメージング」 2014/05/06 版

Screenshot of www.ssii.jp

 


スポンサーリンク

SSII技術マップ(案)「認識」 2014/06/09 版

Screenshot of www.ssii.jp

 

SSII技術マップ(案)「三次元シーンの復元」 2014/05/20 版

Screenshot of www.ssii.jp

 

「認識」に関しては解説スライドも公開されている。


スポンサーリンク

関連記事

C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
OpenCVで動画の手ぶれ補正
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
AfterEffectsプラグイン開発
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
今年もSSII
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
海外ドラマのChromaKey
機械学習手法『Random Forest』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ディープラーニング
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Paul Debevec
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Active Appearance Models(AAM)
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
続・ディープラーニングの資料
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
3D復元技術の情報リンク集

コメント