PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenGVのライブラリ構成
GoogleのDeep Learning論文
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
MeshroomでPhotogrammetry
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
顔画像処理技術の過去の研究
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
3D復元技術の情報リンク集
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ

コメント