PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
OpenGVのライブラリ構成
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
UnityでOpenCVを使うには?
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ニューラルネットワークで画像分類
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Adobe MAX 2015
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Kinect for Windows v2の日本価格決定
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
今年もSSII
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』

コメント