PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

Photogrammetry (写真測量法)
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
統計的な顔モデル
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ニューラルネットワークで画像分類
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCV
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
3D復元技術の情報リンク集
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
UnityでOpenCVを使うには?
NeRF (Neural Radiance Fields):機械学習による未知視点合成
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
ベイズ推定とグラフィカルモデル
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ

コメント