PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

ポイントクラウドコンソーシアム
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ニューラルネットワークと深層学習
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
MeshroomでPhotogrammetry
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
機械学習について最近知った情報
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
機械学習手法『Random Forest』
Active Appearance Models(AAM)
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
続・ディープラーニングの資料
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
統計的な顔モデル
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
マルコフ連鎖モンテカルロ法
ディープラーニング
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...

コメント