PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Adobe MAX 2015
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
海外ドラマのChromaKey
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
顔画像処理技術の過去の研究
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
BSDF (Bidirectional scattering distribution functi...
今年もSSII
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
MeshroomでPhotogrammetry
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ニューラルネットワークと深層学習
OpenCV バージョン4がリリースされた!
OpenCVで動画の手振れ補正
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Kinect for Windows v2の日本価格決定
GoogleのDeep Learning論文
OpenCVで顔のモーフィングを実装する

コメント