PCA (主成分分析)

これも会社に入ってから知った知識。

主成分分析:PCA (Principal Component Analysis)
多次元データの解析法の1つ。多次元空間中のデータ分布のうち、最も分散の大きくなる方向から順に基底を取っていく手法。
これにより、データにおける主な変化の傾向を知ることができる。
OpenCVにはPCAクラスが用意されているので、cv::Matにデータを入れて渡せばOK。

プログラムを書かずにもっと手軽に試すならExcel用のマクロとかもネット上に転がっている。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

OPENCVで主成分分析をしてみた
PYTHONで主成分分析をするコード
numpyを使って主成分分析


スポンサーリンク

関連記事

R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
今年もSSII
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Photogrammetry (写真測量法)
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ニューラルネットワークで画像分類
統計的な顔モデル
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
CGのためのディープラーニング
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
機械学習での「回帰」とは?
Adobe MAX 2015
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...

コメント