HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

iPhoneもiOS8からWebGLに対応するらしいし、ようやくWebでも3D表示の時代が到来した気がする。
こういうのは、表示環境と制作環境が整って初めて普及するもんなので、最近Web系のグラフィックスエンジンを調べてみてる。
それで見つけたのがGoo EngineっていうHTML5とWebGLベースのエンジン。。


スポンサーリンク

これを見てスゲー!ってなった。↓

Screenshot of labs.gooengine.com

参考:Web上に実装された「3DCGプログラミング」事例10選が、もはや神の領域!

待っていれば、いずれUnityが対応しそうな匂いがプンプンするけど。


スポンサーリンク

関連記事

Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
東京オリンピックと案内表示
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
html5のcanvasの可能性
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushCore
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Photogrammetry (写真測量法)
アニゴジ関連情報
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ラクガキの立体化 反省
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrush 2018へのアップグレード
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Ambient Occlusionを解析的に求める
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrush 4R7
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
布地のシワの法則性
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Maya API Reference
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrush 2018での作業環境を整える
Houdiniのライセンスの種類
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
なんかすごいサイト
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Webページ制作のためのメモ
2012のメイキングまとめ(途中)
『PIXARのひみつ展』に行ってきた

コメント