HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

iPhoneもiOS8からWebGLに対応するらしいし、ようやくWebでも3D表示の時代が到来した気がする。
こういうのは、表示環境と制作環境が整って初めて普及するもんなので、最近Web系のグラフィックスエンジンを調べてみてる。
それで見つけたのがGoo EngineっていうHTML5とWebGLベースのエンジン。。


スポンサーリンク

これを見てスゲー!ってなった。↓

Screenshot of labs.gooengine.com

参考:Web上に実装された「3DCGプログラミング」事例10選が、もはや神の領域!

待っていれば、いずれUnityが対応しそうな匂いがプンプンするけど。


スポンサーリンク

関連記事

ブログがダウンしてました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
デザインのリファイン再び
Unityで360度ステレオVR動画を作る
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Webページ制作のためのメモ
MRenderUtil::raytrace
SIGGRAPH ASIAのマスコット
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
プログラムによる景観の自動生成
顔モデリングのチュートリアル
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
TVML (TV program Making language)
Oculus Goを購入!
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
このブログのデザインに飽きてきた
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrush 2018へのアップグレード
Mayaのプラグイン開発
歯を食いしばって見るべき動画
Raytracing Wiki
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
変形ロボットのデザイン
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
HD画質の無駄遣い その2
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
Maya 2015から標準搭載されたMILA
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画

コメント