HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

iPhoneもiOS8からWebGLに対応するらしいし、ようやくWebでも3D表示の時代が到来した気がする。
こういうのは、表示環境と制作環境が整って初めて普及するもんなので、最近Web系のグラフィックスエンジンを調べてみてる。
それで見つけたのがGoo EngineっていうHTML5とWebGLベースのエンジン。。


スポンサーリンク

これを見てスゲー!ってなった。↓

Screenshot of labs.gooengine.com

参考:Web上に実装された「3DCGプログラミング」事例10選が、もはや神の領域!

待っていれば、いずれUnityが対応しそうな匂いがプンプンするけど。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの造形
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Stanford Bunny
Unityの薄い本
ラクガキの立体化 目標設定
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
歯を食いしばって見るべき動画
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ラクガキの立体化
Raytracing Wiki
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
東京オリンピックと案内表示
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ラクガキの立体化 反省
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
UnityでARKit2.0
自前のShaderがおかしい件
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
iPhone欲しいなぁ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
UnityでLight Shaftを表現する
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング

コメント