HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

iPhoneもiOS8からWebGLに対応するらしいし、ようやくWebでも3D表示の時代が到来した気がする。
こういうのは、表示環境と制作環境が整って初めて普及するもんなので、最近Web系のグラフィックスエンジンを調べてみてる。
それで見つけたのがGoo EngineっていうHTML5とWebGLベースのエンジン。。


スポンサーリンク

これを見てスゲー!ってなった。↓

Screenshot of labs.gooengine.com

参考:Web上に実装された「3DCGプログラミング」事例10選が、もはや神の領域!

待っていれば、いずれUnityが対応しそうな匂いがプンプンするけど。


スポンサーリンク

関連記事

PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
AfterEffectsプラグイン開発
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
UnityのGlobal Illumination
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Adobe Photoshop CS5の新機能
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ブログのデザイン変えました
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Maya API Reference
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnityのTransformクラスについて調べてみた
UnityでPoint Cloudを表示する方法
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Mayaのシェーディングノードの区分
clearcoat Shader
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenMayaRender
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Stanford Bunny
この本読むよ
MRenderUtil::raytrace
Unite 2014の動画

コメント