HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

iPhoneもiOS8からWebGLに対応するらしいし、ようやくWebでも3D表示の時代が到来した気がする。
こういうのは、表示環境と制作環境が整って初めて普及するもんなので、最近Web系のグラフィックスエンジンを調べてみてる。
それで見つけたのがGoo EngineっていうHTML5とWebGLベースのエンジン。。


スポンサーリンク

これを見てスゲー!ってなった。↓

Screenshot of labs.gooengine.com

参考:Web上に実装された「3DCGプログラミング」事例10選が、もはや神の領域!

待っていれば、いずれUnityが対応しそうな匂いがプンプンするけど。


スポンサーリンク

関連記事

Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrush 2018へのアップグレード
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Stanford Bunny
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
ZBrushでカスタムUIを設定する
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
変形ロボットのデザイン
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushのお勉強
ZBrushトレーニング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
Unityの薄い本
生物の骨格
Blender 2.8がついに正式リリース!
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Unreal Engine 5の情報が公開された!
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
立体視を試してみた
ZBrushの練習 手のモデリング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい

コメント