機械学習で遊ぶ

こういうのやってみたい。


スポンサーリンク

↑この例はRubyを使ってるみたいだけど、botのお作法もまだ知らないし、できれば知っている知識から広げていきたいと思って調べてみたら、Google App Engineで動くcharactorbotっていうのがあって、Javaのソースコードも公開されてるみたい。まずはここからかな。


スポンサーリンク

関連記事

PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト『Myth TV』
Google App Engineのデプロイ失敗
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ブログの復旧が難航してた話
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Mayaのプラグイン開発
スクレイピング
Iterator
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
今年もSSII
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Raspberry PiでIoTごっこ
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
サンプルコードにも間違いはある?
pythonもかじってみようかと
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
konashiのサンプルコードを動かしてみた
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenGVの用語
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ニューラルネットワークで画像分類
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』

コメント