3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』

もともとAmazon Web Servicesの使い方を知りたかったんだけど、調べてたらこんなサイトに行き着いた。↓

ドットインストール 3分動画でマスターするプログラミング学習サイト
ざっと眺めてみたら、基礎的なレッスンももちろんあるけど、書籍化するには新しすぎたり、細分化しすぎてるジャンルの知識が入門者向けにまとまっているみたい。レッスンのラインナップは割とWeb開発に偏ってるけど、Web開発は開発知識が生ものだから結果的に増えたのかも。Web開発はスタートでつまずくもんね。
プレミアム会員になるとソースコードを閲覧しながら学んだり、動画から文字起こし閲覧できるらしい。
ここにAmazon Web Servicesについてのレッスンがあった。


スポンサーリンク

プログラミング関連情報だと、最近Qiitaを知ったばかりだけど、最近はいろんな情報サイトがあるのね。運営側がコンテンツを用意するタイプとか、ユーザー同士で知識を教え合うSNS的なものだったり、情報サイトと教育って結構近しいジャンルなのかもな。
今の時代、多くの場合「欲しい情報はネット上のどこかに必ずある」ってことがほとんどだと思う。(誰も気づかないような疑問を抱ける人間なんてそんなにいないと思っています。)
誰にでも欲しい情報にアクセスするチャンスはあって、それが膨大な情報の中に埋もれているわけだけど、それを解る形・届く形に上手く加工して提供するってのが知の体系化とか、集合知を可視化するってことなのかも。


スポンサーリンク

関連記事

SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
タマムシっぽい質感
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Amazon Web ServicesでWordPress
Raspberry Pi
マルコフ連鎖モンテカルロ法
実は頻発しているブログの不具合
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenGVのライブラリ構成
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Google Chromecast
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
オープンソースの取引プラットフォーム
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
adskShaderSDK
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenCV
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
機械学習で遊ぶ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Quartus II
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Managing Software Requirements: A Unified Approach
html5のcanvasの可能性

コメント