html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

3D復元技術の情報リンク集
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Unityで学ぶC#
3DCG Meetup #4に行ってきた
UnityのTransformクラスについて調べてみた
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
UnityでOpenCVを使うには?
Quartus II
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
今年もSSII
アクセス元IPアドレスから企業名が分かるアクセス解析『User Local スマートフォン解析』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
C++の抽象クラス
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ブログの復旧が難航してた話
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ブログのデザイン変えました
ROSの薄い本
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
プログラミングスキルについて考える
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
機械学習で遊ぶ
Google App Engineのデプロイ失敗
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenGVの用語
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
このブログのデザインに飽きてきた
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ

コメント