html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

PythonでBlenderのAdd-on開発
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
HerokuでMEAN stack
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
オープンソースの取引プラットフォーム
機械学習手法『Random Forest』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
東京オリンピックと案内表示
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ブログの復旧が難航してた話
HD画質の無駄遣い
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityのAR FoundationでARKit 3
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
Unreal Engineの薄い本
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Google Chromecast
続・ディープラーニングの資料
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
ニューラルネットワークで画像分類
タマムシっぽい質感
今年もSSII

コメント