html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

konashiのサンプルコードを動かしてみた
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ニューラルネットワークで画像分類
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
C++の抽象クラス
Amazon Web ServicesでWordPress
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
仮想関数
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Mayaのプラグイン開発
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
現在公開されているWeb API一覧
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Iterator
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Raspberry Pi 2を買いました
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
タマムシっぽい質感
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Verilog HDL
ZScript
UnityでLight Shaftを表現する
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う

コメント