html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ブログのデザイン変えました
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
まだ続くブログの不調
Model View Controller
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
OpenCVで動画の手ぶれ補正
konashiのサンプルコードを動かしてみた
UnityでLight Shaftを表現する
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
今年もSSII
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Google App EngineでWordPress
サンプルコードにも間違いはある?
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Iterator
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
動的なメモリの扱い

コメント