html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Unityからkonashiをコントロールする
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
WordPressのテーマを自作する
歯を食いしばって見るべき動画
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ディープラーニング
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
続・ディープラーニングの資料
Verilog HDL
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
UnityのuGUIチュートリアル
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Amazon Web ServicesでWordPress
アクセス元IPアドレスから企業名が分かるアクセス解析『User Local スマートフォン解析』
プログラムによる景観の自動生成
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
ブログのデザイン変えました

コメント