html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

Webページ制作のためのメモ
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ニューラルネットワークで画像分類
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Verilog HDL
3D復元技術の情報リンク集
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
UnityでOpenCVを使うには?
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
HD画質の無駄遣い
C++始めようと思うんだ
WordPressの表示を高速化する
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
プログラミングスキルとは?
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
AfterEffectsプラグイン開発
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
プログラムによる景観の自動生成
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
UnityでLight Shaftを表現する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
機械学習で遊ぶ
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

コメント