html5のcanvasの可能性

もう3年前になるけど、html5のcanvas要素を使って、画像ファイルを極力使わずにWebサイトをリッチな見た目にする方法を考えていた。当時、スマホやタブレット、ノートPCなどのモバイル端末は、日を追うごとに画面が解像度化、演算能力は向上していった。このまま進むと「ボトルネックとなるのはマシンの演算能力よりもデータ通信速度じゃないか?」って思うようになった。

端末の画面の高解像度化に伴って、より高解像度に耐えうるWebサイトが必要とされ、サイトに掲載される画像の容量は増え、ストレージを圧迫し、ダウンロードにも時間がかかる。そう考えると、大容量の画像ファイルを通信回線に載せるよりも、描画アルゴリズムだけを通信すれば良いんじゃないかって。CGで言うところのプロシージャルテクスチャのような手法を使えば、クライアント側のマシンパワーでリッチな背景を生成できるんじゃないかと。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

html5のcanvasを使えば、CGを描画するのと同じように、ブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる。当時、すでにこういうものが登場していた↓
canvasでキラキラした背景を作る方法
背景を画像ではなく乱数を使ってcanvasに円を描画する、広義のプロシージャル手法ってこと。
当時はjavascriptも知らなかったのでこれで全体像を勉強した。↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版

さらに最近ではWebGL環境も整ってきて、ブラウザ上で手軽にCGが描画できるライブラリも出てきた。
jsdo.itのページ

ということで、こういう考えでWordPressテーマを自作したいのであった。


スポンサーリンク

関連記事

ZScript
Unreal Engineの薄い本
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ZBrushのZScript入門
OpenCVで動画の手ぶれ補正
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
このブログのデザインに飽きてきた
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Mayaのプラグイン開発
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
プログラミングスキルとは何か?
Webページ制作のためのメモ
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ブログが1日ダウンしてました
マルコフ連鎖モンテカルロ法
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
定数
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
サンプルコードにも間違いはある?
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
機械学習手法『Random Forest』
クラスの基本
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Google App EngineでWordPress
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』

コメント