JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか

最近、JavaScriptの勉強とか始めてみた。参考書はこれにしたよ↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版


スポンサーリンク

全体の構造が解りやすい本を買って、細々とした実装例はwebで探す方針。大枠が解ってた方が検索もしやすいと思うんだ。

そんで、最近ちらほら聞くWebGLというものについてもちょっと調べてみた↓
JavaScript でリアルタイム 3DCG を実現する WebGL の使い方:WebOS Goodies
↑によると、WebGLってのはOpenGL ES 2.0をJavaScriptで利用できるようにしたAPIらしい。WebGL公式サイトはこちら
WebGLはhtmlのCanvas要素に画をレンダリングするんだと。

Canvasってのも初めて聞いたのでそれについてちょっと調べる↓
Canvasとは, Canvasの使い方 ,Canvasリファレンス:HTML5.jp
今更聞けないcanvasの基礎の基礎:tech.kayac.com
↑要するに、今までJavaアプレットやFlashで埋め込んでたような描画機能をJavaScriptで直接できるようにした規格らしい。(ということは別にWebGLに頼らなくてもCanvasを使えばJavaScriptでテキトーな画は描ける)

WebGLはすでにライブラリもいくつかあるようなので、意外とすぐに画は出せるかもしれない。
以下、参考になりそうなサイト
WebGL研究部
jsdo.it (前にも載せた)
canvasでキラキラした背景を作る方法:tech.kayac.com
canvasをバイト単位で修正する方法(ImageDataの使い方):tech.kayac.com
HTML5のcanvasを使って醤油ラーメンを描いてみた!!:HOPS Laboratory
これは見ておくべきHTML5のCanvasを使ったデモ集:PHPSPOT開発日誌
JavaScriptとHTML5 Canvasを使って顔認識するコードがすごい:PHPSPOT開発日誌
21 Ridiculously Impressive HTML5 Canvas Experiments


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Unreal Engineの薄い本
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ブログがダウンしてました
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
IIS
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
複屈折
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
adskShaderSDK
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Unityで学ぶC#
プログラミングスキルについて考える
参考になりそうなサイト
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
機械学習手法『Random Forest』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Raspberry Pi 2を買いました
仮想関数
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVで動画の手振れ補正
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
甲虫の色とか
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Processing
Google ブック検索
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
AfterEffectsプラグイン開発

コメント