JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか

最近、JavaScriptの勉強とか始めてみた。参考書はこれにしたよ↓
Javascript ビジュアル・リファレンス 改訂版


スポンサーリンク

全体の構造が解りやすい本を買って、細々とした実装例はwebで探す方針。大枠が解ってた方が検索もしやすいと思うんだ。

そんで、最近ちらほら聞くWebGLというものについてもちょっと調べてみた↓
JavaScript でリアルタイム 3DCG を実現する WebGL の使い方:WebOS Goodies
↑によると、WebGLってのはOpenGL ES 2.0をJavaScriptで利用できるようにしたAPIらしい。WebGL公式サイトはこちら
WebGLはhtmlのCanvas要素に画をレンダリングするんだと。

Canvasってのも初めて聞いたのでそれについてちょっと調べる↓
Canvasとは, Canvasの使い方 ,Canvasリファレンス:HTML5.jp
今更聞けないcanvasの基礎の基礎:tech.kayac.com
↑要するに、今までJavaアプレットやFlashで埋め込んでたような描画機能をJavaScriptで直接できるようにした規格らしい。(ということは別にWebGLに頼らなくてもCanvasを使えばJavaScriptでテキトーな画は描ける)

WebGLはすでにライブラリもいくつかあるようなので、意外とすぐに画は出せるかもしれない。
以下、参考になりそうなサイト
WebGL研究部
jsdo.it (前にも載せた)
canvasでキラキラした背景を作る方法:tech.kayac.com
canvasをバイト単位で修正する方法(ImageDataの使い方):tech.kayac.com
HTML5のcanvasを使って醤油ラーメンを描いてみた!!:HOPS Laboratory
これは見ておくべきHTML5のCanvasを使ったデモ集:PHPSPOT開発日誌
JavaScriptとHTML5 Canvasを使って顔認識するコードがすごい:PHPSPOT開発日誌
21 Ridiculously Impressive HTML5 Canvas Experiments


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
複屈折
Unityで学ぶC#
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
CreativeCOW.net
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Amdahlの法則
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
続・ディープラーニングの資料
皆声.jp
ドットインストールのWordPress入門レッスン
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
WordPressプラグインの作り方
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushのZScript入門
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ブログのデザイン変えました
Unityからkonashiをコントロールする
SIGGRAPH Asia
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
UnityでLight Shaftを表現する
参考になりそうなサイト
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ファイバー束
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
Singular
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
UnityでARKit2.0

コメント