3DCGのモデルを立体化するサービス

こいつはすごい。
自作CGをフィギュアに SNS「Cg」で立体出力サービス

エンタースフィアは9月14日、3DのCG作品を投稿できるSNS「Cg」に投稿された作品をフィギュアにするサービスをスタートした。3Dプリンタによる立体出力サービスを行っているアイジェットと協業。高さ10センチ前後のフィギュアを作ることができる。
 ユーザーが自作した3DCG作品が対象。作品ページの右上に「立体出力」ボタンを表示し、ボタンを押すと注文フォームに飛ぶ。名前やメールアドレスなど必要事項を入力し、出力用のデータをアップロードすれば注文は完了。価格は作品の形などで異なり、数千円程度が目安としている。
今後、利用状況を見て、CG制作者とは別のユーザーでも立体出力の注文できるようにする計画。売り上げを制作者とシェアする仕組みの導入も検討し、クリエイターへの還元を目指す。
海外展開も計画しており、日本に住む制作者が米国や台湾のユーザーに作品を売ったり、海外のユーザーが日本のユーザーに作品を売る――といったことも考えている。
同社は、フィギュア写真投稿サイト「fg」も運営している。


スポンサーリンク

立体出力について
だいぶ前にアカウントとってたの思い出したぞ。じゃんじゃん利用しよう。

追記:モデルデータはmqoファイル、またはobjファイルで投稿できるらしい。
3D造形屋 アイジェットの社長ブログ


スポンサーリンク

関連記事

モータードライバ
ラクガキの立体化 胴体の追加
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ラクガキの立体化 反省
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushCore
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
立体視を試してみた
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
色んな三面図があるサイト
Photogrammetry (写真測量法)
機動武闘伝Gガンダム
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Unityをレンダラとして活用する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』

コメント