3DCGのモデルを立体化するサービス

こいつはすごい。
自作CGをフィギュアに SNS「Cg」で立体出力サービス

エンタースフィアは9月14日、3DのCG作品を投稿できるSNS「Cg」に投稿された作品をフィギュアにするサービスをスタートした。3Dプリンタによる立体出力サービスを行っているアイジェットと協業。高さ10センチ前後のフィギュアを作ることができる。
 ユーザーが自作した3DCG作品が対象。作品ページの右上に「立体出力」ボタンを表示し、ボタンを押すと注文フォームに飛ぶ。名前やメールアドレスなど必要事項を入力し、出力用のデータをアップロードすれば注文は完了。価格は作品の形などで異なり、数千円程度が目安としている。
今後、利用状況を見て、CG制作者とは別のユーザーでも立体出力の注文できるようにする計画。売り上げを制作者とシェアする仕組みの導入も検討し、クリエイターへの還元を目指す。
海外展開も計画しており、日本に住む制作者が米国や台湾のユーザーに作品を売ったり、海外のユーザーが日本のユーザーに作品を売る――といったことも考えている。
同社は、フィギュア写真投稿サイト「fg」も運営している。


スポンサーリンク

立体出力について
だいぶ前にアカウントとってたの思い出したぞ。じゃんじゃん利用しよう。

追記:モデルデータはmqoファイル、またはobjファイルで投稿できるらしい。
3D造形屋 アイジェットの社長ブログ


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
OpenMayaRender
海外ドラマのChromaKey
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
UnityでARKit2.0
この本読むよ
天体写真の3D動画
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
CreativeCOW.net
ゴジラの造形
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushでアマビエを作る その2
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム グラデーション塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
ゴジラのプラモデルの組立動画
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのお勉強
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
Stanford Bunny
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
フルCGのウルトラマン!?

コメント