3DCGのモデルを立体化するサービス

こいつはすごい。
自作CGをフィギュアに SNS「Cg」で立体出力サービス

エンタースフィアは9月14日、3DのCG作品を投稿できるSNS「Cg」に投稿された作品をフィギュアにするサービスをスタートした。3Dプリンタによる立体出力サービスを行っているアイジェットと協業。高さ10センチ前後のフィギュアを作ることができる。
 ユーザーが自作した3DCG作品が対象。作品ページの右上に「立体出力」ボタンを表示し、ボタンを押すと注文フォームに飛ぶ。名前やメールアドレスなど必要事項を入力し、出力用のデータをアップロードすれば注文は完了。価格は作品の形などで異なり、数千円程度が目安としている。
今後、利用状況を見て、CG制作者とは別のユーザーでも立体出力の注文できるようにする計画。売り上げを制作者とシェアする仕組みの導入も検討し、クリエイターへの還元を目指す。
海外展開も計画しており、日本に住む制作者が米国や台湾のユーザーに作品を売ったり、海外のユーザーが日本のユーザーに作品を売る――といったことも考えている。
同社は、フィギュア写真投稿サイト「fg」も運営している。


スポンサーリンク

立体出力について
だいぶ前にアカウントとってたの思い出したぞ。じゃんじゃん利用しよう。

追記:モデルデータはmqoファイル、またはobjファイルで投稿できるらしい。
3D造形屋 アイジェットの社長ブログ


スポンサーリンク

関連記事

Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
Physically Based Rendering
黒歴史
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZScript
SIGGRAPH Asia
Unityの薄い本
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
CreativeCOW.net
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
積みキットの下地処理
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
シン・ゴジラのファンアート
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrush 4R8 リリース!
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
UnityのAR FoundationでARKit 3
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
マイケル・ベイの動画の感覚
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン

コメント