3DCGのモデルを立体化するサービス

こいつはすごい。
自作CGをフィギュアに SNS「Cg」で立体出力サービス

エンタースフィアは9月14日、3DのCG作品を投稿できるSNS「Cg」に投稿された作品をフィギュアにするサービスをスタートした。3Dプリンタによる立体出力サービスを行っているアイジェットと協業。高さ10センチ前後のフィギュアを作ることができる。
 ユーザーが自作した3DCG作品が対象。作品ページの右上に「立体出力」ボタンを表示し、ボタンを押すと注文フォームに飛ぶ。名前やメールアドレスなど必要事項を入力し、出力用のデータをアップロードすれば注文は完了。価格は作品の形などで異なり、数千円程度が目安としている。
今後、利用状況を見て、CG制作者とは別のユーザーでも立体出力の注文できるようにする計画。売り上げを制作者とシェアする仕組みの導入も検討し、クリエイターへの還元を目指す。
海外展開も計画しており、日本に住む制作者が米国や台湾のユーザーに作品を売ったり、海外のユーザーが日本のユーザーに作品を売る――といったことも考えている。
同社は、フィギュア写真投稿サイト「fg」も運営している。


スポンサーリンク

立体出力について
だいぶ前にアカウントとってたの思い出したぞ。じゃんじゃん利用しよう。

追記:モデルデータはmqoファイル、またはobjファイルで投稿できるらしい。
3D造形屋 アイジェットの社長ブログ


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
サンダーバード ARE GO
Raytracing Wiki
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
GMKゴジラ完成!
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
布地のシワの法則性
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ミニ四駆ブーム?
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
変形ロボットのデザイン
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 キャンディ塗装
2012のメイキングまとめ(途中)
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
Open Shading Language (OSL)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
iPhone欲しいなぁ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装

コメント