ガワコス

3月20(日)に大阪 日本橋で行われた日本橋ストリートフェスタ2016の様子をネットで眺めてたんだけど、改めてコスプレイヤーの人達ってすごいなぁ、と。
コスプレイヤーの人達は自分で衣装を作って、自分で着て、自分で写真の補正をすることもあるようだ。
Cure WorldCosplayコスプレイヤーズアーカイブなど、コスプレ専門のSNSがいくつかあるようで、かなり多くのユーザーがいるようだ。もう立派な文化というか、趣味の1つと言えるようですね。

コスプレの中で最近オイラが特に興味あるジャンルは、フルフェイスのヒーローマスクを自作しちゃう方々。この手のものはコスプレの中でも特に「ガワコス」と呼ぶらしい。




スポンサーリンク


自分で服を作るだけでも十分難易度高いのに、実際にかぶれるマスクやアーマーまで自作できて、そしてそれを着こなすだけのスタイルと体力も持ち合わせてるって本当にすごい。

ガワコスの指南書というか、いわゆるヒーローコスチューム制作についての解説が載っている本も一応あることにはある。↓

ヒーロースーツの作りかた

とはいえ、実際にかぶれるサイズの造形を個人でやるのは色んなハードルがあるのですよね。技量だけでなく作業スペース的な問題も。
こういう、書籍に載っている方法論は、基本的にプロの仕事をかいつまんで紹介していることもあり、なかなか同じように真似するのもむずかしい。
実はオイラ、高校生の頃にFRPでマスクを作りたくて、東急ハンズで材料を買い揃えたことがあったんですよ。でも、そもそも粘土原型が作れなくて挫折したのです。。。

最近はもっとお手軽な方法での制作過程をYouTubeで公開している人もチラホラいるし、再チャレンジしたいなぁ。

ヒロイン専用スーツ・武器の作りかた


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
無能の作り方
フルCGのウルトラマン!?
積みキットの下地処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム バーニアの交換
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
シフトカーの改造
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
生物の骨格
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 マスキング・シルバー塗装
あの頃で止まった時間
書籍『具体と抽象』読了
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き

コメント