天体写真の3D動画

イメージソースとしてキレイだと思ったものをメモしておく。こういうビジュアルって何となくプロシージャル向きな気がする。

星雲をフライスルーする3D動画10選:ギャラリー

フィンランド人の天体写真家J-P・メトサヴァイニオは、自身の写真をもとに、宇宙の風景を3次元の画像にレンダリングした。
メトサヴァイニオ氏はまず最初に、被写体となる天体までの距離に関する情報を集め、内部や周辺の星や構造について入念に調査する。その後、被写体の立体モデルを作成する。被写体は星雲であることが多いが、同氏は球状星団の3次元画像も作成している。
最後にこの3D レンダリングを動画化する。これを観る者は、宇宙船がこの巨大な天体画像の中を通ったらどんな感じがするか、想像を掻き立てられるだろう。


スポンサーリンク




スポンサーリンク
















スポンサーリンク

関連記事

プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
仮面ライダーバトライド・ウォー
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
なんかすごいサイト
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
素敵なパーティクル
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでLight Shaftを表現する
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ガメラ生誕50周年
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
進撃のタカラトミー
深海魚
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
サンプルコードにも間違いはある?
ラクガキの立体化 反省
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
デザインのリファイン再び
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
シン・ゴジラのファンアート
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ハイテクな暑さ対策グッズ
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
マジョーラ

コメント