天体写真の3D動画

イメージソースとしてキレイだと思ったものをメモしておく。こういうビジュアルって何となくプロシージャル向きな気がする。

星雲をフライスルーする3D動画10選:ギャラリー

フィンランド人の天体写真家J-P・メトサヴァイニオは、自身の写真をもとに、宇宙の風景を3次元の画像にレンダリングした。
メトサヴァイニオ氏はまず最初に、被写体となる天体までの距離に関する情報を集め、内部や周辺の星や構造について入念に調査する。その後、被写体の立体モデルを作成する。被写体は星雲であることが多いが、同氏は球状星団の3次元画像も作成している。
最後にこの3D レンダリングを動画化する。これを観る者は、宇宙船がこの巨大な天体画像の中を通ったらどんな感じがするか、想像を掻き立てられるだろう。




スポンサーリンク
















スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.