天体写真の3D動画

イメージソースとしてキレイだと思ったものをメモしておく。こういうビジュアルって何となくプロシージャル向きな気がする。

星雲をフライスルーする3D動画10選:ギャラリー

フィンランド人の天体写真家J-P・メトサヴァイニオは、自身の写真をもとに、宇宙の風景を3次元の画像にレンダリングした。
メトサヴァイニオ氏はまず最初に、被写体となる天体までの距離に関する情報を集め、内部や周辺の星や構造について入念に調査する。その後、被写体の立体モデルを作成する。被写体は星雲であることが多いが、同氏は球状星団の3次元画像も作成している。
最後にこの3D レンダリングを動画化する。これを観る者は、宇宙船がこの巨大な天体画像の中を通ったらどんな感じがするか、想像を掻き立てられるだろう。




スポンサーリンク




スポンサーリンク
Veil Nebula 3D.mov

Messier 27 Fly Trough

Bubble Nebula

Cat's eye Nebula.mov

RoseAll

NA


スポンサーリンク

関連記事

人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Adobe Photoshop CS5の新機能
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
消費の記録
iPhone欲しいなぁ
PowerPointによるプレゼン
透明標本
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Unreal Engineの薄い本
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
ラクガキの立体化 目標設定
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
立体視を試してみた
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
デザインのリファイン再び
全脳アーキテクチャ勉強会
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
海外ドラマのChromaKey
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
Profilograph
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
仮面ライダーあつめ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
フルCGのウルトラマン!?
Blender 2.8がついに正式リリース!
CGのためのディープラーニング
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Maya LTのQuick Rigを試す

コメント