天体写真の3D動画

イメージソースとしてキレイだと思ったものをメモしておく。こういうビジュアルって何となくプロシージャル向きな気がする。

星雲をフライスルーする3D動画10選:ギャラリー

フィンランド人の天体写真家J-P・メトサヴァイニオは、自身の写真をもとに、宇宙の風景を3次元の画像にレンダリングした。
メトサヴァイニオ氏はまず最初に、被写体となる天体までの距離に関する情報を集め、内部や周辺の星や構造について入念に調査する。その後、被写体の立体モデルを作成する。被写体は星雲であることが多いが、同氏は球状星団の3次元画像も作成している。
最後にこの3D レンダリングを動画化する。これを観る者は、宇宙船がこの巨大な天体画像の中を通ったらどんな感じがするか、想像を掻き立てられるだろう。


スポンサーリンク




スポンサーリンク
















スポンサーリンク

関連記事

DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
CreativeCOW.net
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
シフトカーを改造する人達
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Mayaのレンダリング アトリビュート
html5のcanvasの可能性
副業の基本と常識
iPhone欲しいなぁ
MRenderUtil::raytrace
Stanford Bunny
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
『ピクサー展』へ行ってきた
CEDEC 2日目
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
深海魚
豆腐みたいな付箋
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
ドットインストールのWordPress入門レッスン
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Houdiniのライセンスの種類
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Photogrammetry (写真測量法)
パルクール(Parkour)
ガメラ生誕50周年
まだまだ続く空想科学読本
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
WebGL開発に関する情報が充実してきている
立体視を試してみた
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
マイケル・ベイの動画の感覚
TVML (TV program Making language)
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整

コメント