天体写真の3D動画

イメージソースとしてキレイだと思ったものをメモしておく。こういうビジュアルって何となくプロシージャル向きな気がする。

星雲をフライスルーする3D動画10選:ギャラリー

フィンランド人の天体写真家J-P・メトサヴァイニオは、自身の写真をもとに、宇宙の風景を3次元の画像にレンダリングした。
メトサヴァイニオ氏はまず最初に、被写体となる天体までの距離に関する情報を集め、内部や周辺の星や構造について入念に調査する。その後、被写体の立体モデルを作成する。被写体は星雲であることが多いが、同氏は球状星団の3次元画像も作成している。
最後にこの3D レンダリングを動画化する。これを観る者は、宇宙船がこの巨大な天体画像の中を通ったらどんな感じがするか、想像を掻き立てられるだろう。


スポンサーリンク




スポンサーリンク
















スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 進捗
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
偏愛マップ
ジュラシック・パークのメイキング
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
Unityをレンダラとして活用する
研究者のための英文校正業者比較サイト
ゴジラ三昧
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
iPhone欲しいなぁ
Open Shading Language (OSL)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ストレングス・ファインダー
ZBrushの作業環境を見直す
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
2012のメイキングまとめ(途中)
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
海外ドラマのChromaKey
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Raspberry Pi
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
SIGGRAPH Asia
フルCGのウルトラマン!?
Paul Debevec
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

コメント